NEW POST

豆本作りのポイント。とりあえず3つ見つけた


c0366058_15475769.jpg


豆本、今なら出来る気がする・・・

と頭の中で閃いたので
作ってみました。

以前も作ったのだけど
豆本ってほんと難しくって。

(私が言うのもなんですが、ハハハ。)


で、今回作ってみたら
思ったよりサクっと出来上がりました。

ここを抑えるとうまく出来るんだな、
というポイントを見つけたので
豆本苦手!と言う私のポイントですが
書いてみたいと思います。



【ポイント その①】

表紙の板紙(厚紙)の厚さを1mmにする。

c0366058_16551551.jpg

一番上が1ミリで、下2枚は2ミリ。


2ミリの板紙は
1ミリのを2枚重ねて貼り合わせてあるので
それをめくって1ミリ厚にしました。

1ミリの板紙を持ってなかったのでね。
わざわざめくったのだけど
今度紙屋さんに行ったら買おうと思います。


この1ミリ厚にした所
表紙の扱いがだいぶ楽になりました。
前は2ミリで作ったのだけど
なんだかまとまらない感じ?でした。

小さいものは薄い方がやりやすい。
サイズに合った厚さってあるんですね。



【ポイント その②】

表紙を紙にする

c0366058_16594401.jpeg

小さいとボンドを塗る作業一つとっても難しい。
すぐはみ出しちゃって表側にボンドがついてしまったり。

紙でもそれは気を使う部分ではあるけど
紙だと貼り付けやすいし
そもそもボンドが沁みてこないので安心。

今回、紙の表紙にしてみたら
とてもやりやすいな!と感じました。
 

なんだけど
なんだけども
やっぱり布の表紙が好きなんだな〜



【ポイント その③】

マス目定規を使う

c0366058_17030837.jpg
(1マス5ミリ)


そもそも紙のカットって難しいですよね。

垂直に全ての紙を同じサイズにしなくちゃいけない。

定規で測って、印をつけて、カッターでカット。。。

これが面倒だしよくずれる。


そこで、マス目定規を使って
そのままカットしてみました。

これがまぁ便利で、しかもキレイに仕上がる!

紙に印をつける時点でもう汚くなってしまうのですよね。
だから測ったらそのままカットだと
紙に触る回数も減るしキレイにいくんですね。


紙を切るときは
ステンレス製の定規が良いとは聞きますが
豆本サイズくらいだったら大丈夫そうです。

大きいサイズの紙だと
プラスチック定規にカッターが食い込むので
避けたい所ですけどね。



というわけで以上ポイント3つ
あげてみました。

豆本得意じゃない私が見つけた
ポイントなので
初歩的な所だと思いますが
参考になったらいいです。



で、最後に
前に練習で作った豆本と並べてみて気づいたのだけど

今回、寒冷紗もクータも花布も
な〜んにも貼ってなかった(汗

あちゃー

やっぱり花布ある方がいいなぁ。
(青い豆本の赤い所)

次回は忘れないようにしないと。

c0366058_17220605.jpeg


by yukai_dp | 2018-09-08 17:31 | 手製本 | Comments(0)

手製本クリエイター、切り絵コラージュ作家。作品制作のこと、日々の暮らしの中のささやかな気づき、男の子2人の育児のことなど。岐阜県大垣市在住


by yukai