NEW POST

自分が描きたいものがはっきりある人は幸せ

タイトルの言葉、
実は片岡鶴太郎さん著書の冒頭の一文です。

最初から自分が描きたいものがはっきりある人は幸せです。たいていの人は、何を描いたらいいかもわからない、というところから始まるものです。
墨彩画入門/片岡鶴太郎 より抜粋

この一文を読んで、ほっと胸をなでおろすような感覚になりました。

というのも
私はなぜ自分が絵を描こうとしてるのか
実はよくわかっていないのです。

どうしてもこれを描きたい!とか
世に問いたいことがある!とか
そう言ったものはないのです。

でも描きたいという気持ちだけがある。

絵を描きたい人が
「何を描いたらいいかわからない」
と言うことは恥ずかしいことだと
ずっと思っていました。

そんな人、描く資格ないやろ、と。

だから自分に言うわけです。

「絵を描くなんてやめとこうよ」と。
すると体がこわばるのです。

「あ〜わかった、んじゃとりあえず描いてみるか」
と半ば諦めるみたいにそう決めると
フワ〜と肩の力が抜けるのです。

一体なんなのでしょう
この自分が二人存在してる感じ。

自分でも理由がよくわからない
「とにかくやりたい」という気持ち。

扱いにくい感情ですが
無視することもできないので
もう一人の自分を納得させるために
絵を描くこと、描き続けてみることにしました。


外側に何かを求めてない分
とっても気楽でありますけどね。

評価が欲しいとか、何かに入選とか
そういう目的じゃなくて
ただ単に
もう一人の自分を満足させるためだけなんだから。

次の教室が楽しみです。

c0366058_00564452.jpg
日本画教室の先生に
速水御舟をお勧めされたので
図書館で画集を借りてみました。

こんな風に葉っぱを描けたらなぁ。。。

by yukai_dp | 2017-07-14 01:05 | | Comments(0)

手製本クリエイター、切り絵コラージュ作家。作品制作のこと、日々の暮らしの中のささやかな気づき、男の子2人の育児のことなど。岐阜県大垣市在住


by yukai