タグ:音楽 ( 21 ) タグの人気記事

Live report 〜believe in yourself〜 【私信】Tちゃん、お待たせしました。

行ってきました、永田ジョージ40th Birthday Live。

このブログに度々登場する我が友、Tちゃん。
今日はTちゃんへLIVEの報告記事です。

前回のライブレポートは単なる私の心情の変化を綴っただけの記事になってしまい
後悔しまくりだったので(その時の記事はこちら
今回はちゃんとセットリストつきです。(途中抜けてます)
ライブ中に感じた出演者のイラストも描きました。(あくまでもイメージ)

ではいきますよ。(多分すごく長くなる)


1曲目。
「Nightingale sang in Berkeley Square」
Triple Standardのアルバム「Second Encounter」より

美しかったです。ただただ、美しかった。
これは本当にピアノの音なのか?と
疑うほどに美しかったです。
アルバムの中でも好きな曲なので、生で聴けただけでもうワクワクでした。

この日の衣装はマントのようになびかせた
数字の模様のストールが印象的でした。
今まで辿ってきた人生に思いを馳せる・・・そんな衣装。
c0366058_01501594.jpg




「Recipe for Love」
Triple Standardのアルバム「Second Encounter」より

Tちゃんが教えてくれた
ハリー・コニック・ジュニアが歌うRecipe for Loveの動画。
あまりにもイッケメーン!すぎてちょっとクラクラしたけれど
「声は大ちゃんの方がいいから!」と。
本当その通りでした。あの声がね、いいのです。
わざとモジモジ歌う演出もあって、楽しいです。



「Something Stupid」
ジャズのスタンダードナンバー。

デュエットを生で観たの初めて。
見つめ合って歌う二人を見るのって結構ドキドキですね。
(それこそのぞき魔の世界ですわ)
ふたり、可愛かったです。



「Walk This Way
Aerosmith

ゲストヴォーカルのShihoさんがですね、
いつもステキなJazz menをぶった斬る!と笑
宣言されまして、ロックナンバーをリクエスト。
さらにロック的な行為としまして
「ベロ出し」「キツネみたいな手を出す」「アンプに足かけ」のミッション付き。

この日一番の魅せ場だったと思います笑
私も新しい一面を見たかったので、特にジョージさんのベロ出しには注目しましたよ。

結局ここで一番ロックだったのはShihoさんと大ちゃんでした。
っていうかShihoさんが!かっこよすぎて。
ハート鷲掴み♡でした。
c0366058_01501995.jpg

そして大ちゃん!あの装いでロックですから、ステキな違和感満載で笑
「笑」って書いてるけど、かっこよかったのですよー。
c0366058_01502271.jpg

ジョージさんと、ゲストギタリストの小沼ようすけさんは
ロックのミッションをスルっとすり抜けてしまった感じ。
というか、ロックをやらせても、
それぞれの個性が際立ってしまう・・・という事なのでしょうか!?

でもなぁ。もっとギンギンなトコロ、見たかったな。



「I won't Last A day Without you」
Carpenters

カーペンターズですから。これはTちゃんも好きでしょう?
この歌というだけでもイイのに、アレンジも素敵でした。
特にパーカッションの仙道さおりさんがイイのですよ。

仙道さおりさんを例えるなら、普段は物陰に隠れている精霊みたいな人!?
出番が来ると、(音が)自由に飛び跳ね、踊り舞うのです。
(音もご本人も)楽しいんだよなぁ。

c0366058_01502754.jpg

「Both side know」
Joni Mitchell

この歌の時、ライブ会場に風が吹いたように感じました。
波乗りギタリストの小沼ようすけさんの存在が
自然(nature)そのものだったのが印象的でした。

彼がギターを弾くと風が吹いて周りの葉がふわっと舞うのです。

変なこと言ってるわ〜とか思われそうだけど
私には見えたのです。

あそこに木みたいな人がいるなぁって。
茶化してると思われたくないのですが。。。

この歌でジョージさん、ウルっときてたようです。
c0366058_01503151.jpg

「いのちの歌」
竹内まりあ

この歌、ライブで聴くのは2回目。

前回のライブでの大ちゃんのMC
「歳を重ねていくと、”いのち”というものを無視できなくなる」
この言葉が思い出されて。
本当にそうだなぁって思ってたら涙溢れそうになり、びっくり・・・

生きるということ、ただそれだけで切ない。
そういうこと、考えさせられる歌。
Tちゃんの友人も号泣だったと。私も危なかった--;


誕生日は本人におめでとう!というよりも
産んでくれたお母さん、お父さんにありがとうをいう日だね、というMCがありまして。

ここでジョージさんのお父様が立ち上がって
会場の皆さんに深々とお辞儀をされたのでした。
故郷に錦を飾る、じゃないですが
ご両親を招待されて。こんな親孝行なことはないなって思いました。
感動の一場面でした。


「What a difference a day」
Triple Standardのアルバム「Second Encounter」より

ラストにふさわしい歌でした。
アルバムでも最終曲。ノリノリ♪



アンコール
「Happy Birthday to you」

ここで歌うこの歌がサプライズだったようです。
ジョージさんは司会進行もされているから
予想外の展開に放送事故か?とドキドキしながら聴いていたようです笑
司会者はツライよ!?

大ちゃんのハッピーバースディの歌声、甘かった〜〜
ふふふっ。これ女性に向けて歌ったら絶対メロメロになると思いますよ。
ねぇ?Tちゃん笑 

ところでメロメロの「メロ」ってなんだろうね?


「Smile」
チャーリー・チャップリン

永田ジョージさんファンになるきっかけの歌ですよ。
この歌いいのです。
下手な言葉であんまり語りたくない笑

この日は小沼ようすけさんのギターで始まったSmile。
素晴らしかったです。

というわけで、以上 私目線の各曲の解説でした。

抜けてる曲があるのは、曲名がわからなかったためです。
残念。


・・・


さてさて、今回わざわざ東京までLIVEを観に行った理由は幾つかあります。
土曜日だった事
昼間のライブだった事
バースデーライブという滅多にない機会であった事
これにプラスして
このライブ会場で聴きたいと思ったから。

会場は渋谷セルリアンタワー東急ホテルにある【JZ Brat】

私のお気に入りライブ動画の会場もJZ Brat。
他のアーティストのお気に入りライブ動画の会場もJZ Brat。
一度は行ってみたい歌の祭典、ヴォーカル・クロッシングの会場もJZ Brat。


もうね、どんだけ良質な音楽を生産する気やのJZ Bratさんは。
ってずーーーっと思って観てましたよ。
きっとここに行けば、素晴らしい音楽体験が出来るハズ!
と思って、このまたとない機会を逃してはいけない、と
当日、雪の予報でビビってましたが
雪に降られることもなく無事行ってきました。

見てください!これがJZ Bratです。
c0366058_00434742.jpg
もはや聖地・・・


ピアノの音がね、いつも聴いてるピアノの音とは全く違って聴こえましたよ。
他の楽器の音も、全ての音がバランスよく耳に飛び込んでくるみたいで。
スピーカーの問題かな?なんだろう、一つ一つの音がよく聴こえるのです。

一番いいなと思うのが
客席もアーティスト控え室も同じ空間にあるところ。
出番が来たら、客席の通路を通ってステージに上がるんです。
もうそれだけで、会場の空気が和む。
出演者と観客の一体感みたいなものを生むんだと思いました。
(こういう所、動画ではわからないよね)

段差がある所もドラマチックだし。
素晴らしい会場でした。


このバースデーライブ、終始アットホームな雰囲気で
初めての場所でもリラックスして過ごせました。
永田ジョージさんが持つ世界なのかなぁ?
なんだかね、あったかい世界でした。


以上、ライブレポ終わり。


■永田ジョージオフィシャルブログ →こちら

■永田ジョージ YouTubeチャンネル →こちら

■JZ Brat HP →こちら


永田ジョージって誰!?という方
こちらの動画でピアノを弾いてる人です。
ギター、小沼ようすけさん。
ヴォーカル、ギラジルカさん。


by yukai_dp | 2016-01-28 01:45 | お出かけ | Comments(0)

月の輝く夜に聴きたい音楽 その2 / 切絵コラージュ 

c0366058_00031902.jpg
今日の夕方。
日が暮れて家に帰る途中の夜空に
いつもの倍以上に大きい月が輝いているのが見えました。

寒い日の月はくっきりと
キラキラと、美しかったです。


そんな日にオススメの歌。

トムウェイツの
「Drunk on the Moon」


前にも紹介しました(月の輝く夜に聴きたい音楽→こちら
好きな歌シリーズ第二弾も
やっぱりトムウェイツ笑

好きなんですよね。
小汚いオジサンが笑



by yukai_dp | 2016-01-25 00:11 | | Comments(0)

絵になるひと  アレサ・フランクリン

c0366058_13490912.jpg

ファンのみなさま、お許しくださいませ!
デッサンって大事だよねぇと痛感してます。
はい、こちらアレサ・フランクリンさんです。

ちょっと前の、FaceBookにて。
アレサ・フランクリンの感動的なステージパフォーマンスの動画がシェアされていました。
で、観ました。名前だけは知っていたけれどどんな人だろうって(笑)

キャロルキングの大好きな歌だったし
アレサ・フランクリンがすごーくカッコよかったので
そのままYouTubeで関連動画を観つづけました。

そしたら、昔聴いてて、かっこいいなーと思ってた歌が
まさにアレサ・フランクリンの歌だったということが判明しまして。
その日から毎日ヘヴィーローテーションで聴いています。

カッコイ〜のですよ。

歌はもちろんのこと。
歌詞の合間に「フゥーー!」とか「トゥーー!」とかの声、
マイケルジャクソンみたいなやつ(こんな説明しかできない自分が悲し)
それがすっごいいいのですよ。

そこかよ!

って思うかもしれないけど、
自然に歌詞の合間に入れてくるんですよ。
それがね、カッコイイ。
歌いっぷりが気持ちいいし
本当、シビれました。

うっかり、私もあんな風に歌えたら・・・
とか思ってしまうくらいでした。

今更知ったわけですが
すっかり魅了されています。

その動画がこちら
↓↓↓



by yukai_dp | 2016-01-22 14:10 | | Comments(0)

絵になるひと レイ・チャールズ

c0366058_23414889.jpg
レイ・チャールズです。

うーんうーん。
感じはつかんでいるとは思うケド、やっぱり何かが違う!
難しいです。
でも気に入ってます。

ここ数日、観ている動画
レイ・チャールズ&アレサ・フランクリンのデュエットというのかな。
ピアノの前に座るふたりが個性的でカッコよくて、カワイイのです。

アレサ・フランクリンの切り絵は断念。
でも絵にしたいひとです。

その動画がこちら(2曲目です)
↓↓↓


by yukai_dp | 2016-01-20 23:48 | | Comments(0)

クリスマスに思うこと きっと私は今幸せなんだと

クリスマスとは切ないと思う。
クリスマスソングの動画を観ながら思った。

皆楽しそうにpianoの周りを囲んでいる。
singerがピアノの前に座り
おしゃべりするみたいに歌い出す。
美しい歌声、ピアノの音
クリスマスの幸せなひと時を歌った歌・・・。


何故こんなにも切ないのか、考えていた。


悲しいけれど、私たちの行く先は死しかない。
それは皆同じ。
それがいつなのか誰にもわからない。

死んでしまったら
今の感じている嬉しい気持ち、
深く心動いたこと、
誰かを愛おしむ気持ち全て

誰にも知られることもなく
全て消えてしまう。

自分が感じているその想いたちは
いつか、何もかも消え去ってしまう

それが切ないのだと。

この思いは心の中で泡のように生まれて消えていくもの。
はかない泡のような幸せに
クリスマスに限っては、スポットライトが当たる。

いつも心の中でひっそりと隠れている思いが
表に現れてくる。
自分の中から溢れでてくる。

普段そんなこと考えもしないのに
クリスマスは、はかない幸せを心に深く刻ませる。

そして私たちの行く末を、誰もが通る終わりの時を
ほんの少し、思い出してしまうのだった。

幸せであると思えば思うほど
この切なさは強くなっていくようだ。

今の私に出来ることといえば
今を思い切り感じ切って、思い切って生きること。
過去に縛られてくよくよすることもなく
うまくいくかと未来を思い煩うこともなく。

いや、それもまた生きると言うことなのかもしれないけれど・・・

消えてなくなる泡のような幸せを
見えなくなるまで見届けたい。

そんなことを思うクリスマスを過ぎた午前1時過ぎ。

さー寝るかっ!




なんとなく観ていたら切なくなってきた動画
皆んな楽しそう(ウルっ)

by yukai_dp | 2015-12-26 01:22 | 思うこと | Comments(0)

月の輝く夜に聴きたい音楽

トムウェイツのファーストアルバムの中から
「グレープフルーツ・ムーン」




初めて聴いた時
かなりのオジサンが歌っているのかと思ってました。
実際には24歳の若者が歌ってると知った時は心底驚いたものです。


月を見て、たどってきた道を回想するつぶやきのような歌詞。
どうにもできない事へのあきらめや悲しみが
切なさをかきたてる歌。

トム・ウェイツの温かい歌声に
ホロリと癒されます。






by yukai_dp | 2015-11-27 23:51 | 住まい&暮らし | Comments(0)

音楽を巡る旅 Second Encounter Live in浜松

行ってきました浜松のJAZZ BAR ハァーミットドルフィンにて行われた

Second Encounterのライブ。

c0366058_03214115.jpeg


まだ眠りたくない、購入したCDを聴いていたいので

誰のためになるかわかりませんがLIVEレポを書こうと思います。


まず、Second Encounterとは。

ギター鈴木直人、ヴォーカル伊藤大輔、piano永田ジョージの三人のユニット。

(まだバンドの正式名はないそうで現在お名前募集中だそうです)



c0366058_02291323.jpg

今回2枚目のアルバムのリリースツアーという事で全国を回る彼ら。


ライブレポと言っても、発売CDの曲は演奏せず

ほとんどが新曲を演奏してましたのでレポらしい事はかけませんが

ライブ中はメモなど取らず、ただただ音楽の波に漂い、酔いしれた夜でした。


いまCDを聴いて思い出されるのが

ルイ・アームストロングの「What a wonderful world」の歌の解説。

MCが漫談で面白かったのだけど(面白すぎる)

それでも熱くこみ上げてくるものがありました。

実際の演奏もヴォーカルの歌うこの部分


I see friends shaking hands.
Saying, “How do you do?”
They’re really saying,
“I love you”.

が胸にぐっとせまってくるのでした。


・・・


チャップリンのような滑稽さとスマートな伊達男ぶりが

マーブルに混ざった魅力のヴォーカル伊藤大輔さん。

惚れました。惚れるわ。いや、惚れなあかんやろー。

甘美な歌声。


どんなにおちゃらけても歌い出した瞬間にさっきまでの

ジョーダンなどどこかに吹き飛びます。

本当に実力がある人だから出来ることだなぁって思いながら聴き惚れてました。



ギター職人、鈴木直人さん。

どうしてあんなに美しい音を奏でられるのか。

目をつむって空想の世界に浸っていたい音楽。


真珠のようなキレイな音の玉をたくさんつくり出す人。



メランコリーなメロディを奏でるピアニスト、永田ジョージ大先生。

私はこの方のピアノだと何故か泣ける。

何故かわからないけど、どんどん入ってくるのです。

自分さえ知らなかった心の奥深くにピアノの音で触れてくる。

私は何度も泣き崩れそうになりましたよ。

一体どうなっているのか。自分でももうわかりません。


そういえば、隣に座ったマダムが色気があるピアノと表現していました。

色気ですか・・・おぉなるほど。



私がここまで彼らの音楽に興奮してしまうのは

長らく音楽を聴く事から遠ざかっていたからでしょう。

今までは適当にサントラとか聴いてたし

いやむしろ音が耳に入る事がわずらわしく感じられて

音のない生活をしていました。


が!今夜、自分が帰ってきました。

Liveの間、生の音の中にいられる幸せを噛み締めていました。

本当に、幸せな夜でした。

自分の中の音楽が好きだった気持ちが完全に復活して

何かが解放されたような、体が軽くなるような宙に浮かぶような。


しばっていたつもりはないけど

自分が解放されていくのがわかって

嬉しくてLiveの間、ずっと笑っていました。

自然と笑みがこぼれてしまうのでした。



と!いうわけでJAZZに興味のある方、オススメです。

ってそもそも私の友達が伊藤大輔さんの大ファンで

私もオススメされた側なんですけどね。


すっかりハマっております。

Tちゃん、ありがとう。


■永田ジョージオフィシャルブログ




今夜のLIVEで私の両隣に座っていた

アートなマダムと、JAZZ好き知的マダム。ありがとうございました。

お互い知らない者同士なのに

音楽という一つの共通キーワードで話が弾んで楽しかった!


CDにサインもらったら?とか、写真一緒に撮ってもらったら?と

言ってもらえてミーハー心に火がつきましてちゃっかりサイン&写真をGet。

サインってはじめてもらったのだけど、嬉しいものですねー。夢じゃなかったと思い出せるっ。




LIVE終了後、新幹線の浜松駅の改札越えて階段を上がったところにある

YAMAHAのサイレントピアノ(自由に弾ける)で何となく”SMILE”の音を拾って

ライブの余韻に浸って帰りました。

c0366058_02291600.jpg
心の栄養は満タンに入りましたので
また明日からがんばります。不満なんて一切ありません。はぁー幸せです。


浜松でJAZZ LIVEを聴きたい方は是非
「JAZZ BAR ハァーミットドルフィン」オススメです。
マスターが森本レオみたいないい味した方で、JAZZ初心者の私でも居心地よかったです。

■JAZZ BAR ハァーミットドルフィン HP




by yukai_dp | 2015-11-07 03:01 | お出かけ | Comments(0)

日常に音楽を

c0366058_00143973.jpg
たいがい足下には何かが散らかっている。
危ないったらないね。


最近、YouTubeで音楽を聴くのにハマっている。
ずーっと聴いている。
家事をしながらノリノリで聴いている。

オリジナルだったり
カバーだったり
LIVE動画だったり。
まぁ色々です。


たまに息子とデュエットごっこで
見つめ合って熱唱している。

たのしいねー!


私の毎日はこんな感じです。





以下、似たような記事


by yukai_dp | 2015-10-23 00:29 | 住まい&暮らし | Comments(0)

そんなこと、もうどうだっていいじゃないか

早起き出来なかったとか

掃除やってないとか

一日一枚絵を描けなかったとか

子どもにガミガミ言い過ぎたとか

夫にイラっときたとか

blog更新三日くらいサボってるとか


そんな日もあるから

もう、いいじゃないか。


だって、こんな素敵な音楽がある。


星降る夜って

きっとこんな音楽が聴こえてくる夜なんじゃないかなぁ。



これ聴いたら、ワクワクしてきて

いつのまにか元気になってた^^


いいなーこの音の世界!




by yukai_dp | 2015-10-20 23:03 | 思うこと | Comments(0)

ピアノは手段 表現したい事を叶えるための道具

c0366058_09400508.jpg
初心者向けの楽譜で練習中。
一曲の中に「ここがステキ」な箇所ってありますね。

ピアノの練習をしている時にふと思ったこと。


ピアノを弾くという事は、手段なんだな、ということ。


弾くことが目的じゃなく、一曲をどう演奏したいか、どう表現したいか

それが一番の大事なことなのだなと思った。


弾けるという事が大前提なので

「こんな風に弾きたい」を実現するために練習はもちろん必要だけど。


私はただ楽譜通りに弾いて、満足しようとしていたなぁと気づいた。



こんな事書いてますが私のピアノ歴は浅いです。


昨年次男を妊娠中の半年間だけ、先生に習っていた。

出産後はとても弾ける状態ではなかったけど

この頃、もう一度コツコツ練習したいと思い、一日15分だけの練習をしている。


ほんの半年間だけだったけど、ピアノの先生に教わっていて良かったなと思う。

先生は間違えずに弾けることよりも

どんな音楽を奏でたいか、を重視していた。


最近の私は「色んな曲が弾けるようになりたい!」とばかり思っていたので

いやいや違うでしょ?と思い出し

弾けるようになった曲を今度は「どう弾きたいか?」と考えながら弾いてみた。


そしたら

まーったく思ったように弾けなかった。

楽譜通りならサラっと弾けるのに

「こう弾きたい」と思ったとたん、必要以上に力が入るのは何故?


難しいものです。


「どう弾きたいか?」を思いながら一曲を仕上げようとすると

何度練習しても一曲に飽きる事はなく、しつこい程に集中できる。

いや出来てしまう。


あまり一曲にこだわりすぎないように、という事も先生に言われたな・笑

腕を上げて徐々に思う通りの演奏をしていけばよい、と。


・・・


そんな先生とのやり取りを思い出していたら

これはピアノに限らず、表現方法の全てに当てはまる事だなと思った。


絵を描く事もそう。歌うことも、文章も、ダンスだって。

極端に言えば、すべて手段なのだ。


最初は楽しいから・好きだからやっている。

でもそこから、何を伝えたいか・何を表現したいか

掘り下げていけたら、より深い演奏なり作品が出来るだろうし

人に喜んでもらえるものが出来るかもしれない。


そんな風になりたいな。


こだわり過ぎず、でも考える事はやめずに

表現方法としてのピアノ・絵を

楽しんでいけたらいいなと思っている。









by yukai_dp | 2015-10-13 10:49 | 思うこと | Comments(0)


男の子2人の育児の合間に作品制作 【手製本・切り絵コラージュ・イラスト】そのほか、暮らしを愉しみたい私の試行錯誤のキロク


by yukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

手製本

手づくり
住まい&暮らし
ガーデニング
食について
子育てのこと
お気に入り
思うこと
お出かけ
お知らせ

タグ

(118)
(102)
(80)
(68)
(57)
(49)
(46)
(40)
(34)
(21)
(11)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(5)
(5)

最新の記事

子どもが主人公の手作り絵本は..
at 2017-11-21 23:26
さよならのかわりに。送別会の..
at 2017-11-19 23:53
湯船に浸かってるみたいだ!小..
at 2017-11-18 16:34
秋の里山は色で溢れていた 里..
at 2017-11-17 00:00
こじんまりと御朱印帳をつくる..
at 2017-11-15 22:38

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

最新のコメント

> ゆみさん 私の妄想..
by yukai_dp at 12:49
おはようございます。 ..
by ゆみ at 07:48
> hontokamiさ..
by yukai_dp at 00:43
がんばれ~~!小さいから..
by hontokami at 22:16
> acchi9tさん ..
by yukai_dp at 00:58

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
ハンドメイド

画像一覧