タグ:子ども ( 38 ) タグの人気記事

子どもを信じたいと思った。三月生まれの子の親の気持ち


c0366058_01311917.jpg
昨日は子どもの幼稚園の誕生会でした。

誕生月の子の保護者は誕生会に出席でき、一日保育見学が出来るのです。

誕生会の見せ場は
子どもがステージでマイクを持ち
クラスと自分の名前を言って自己紹介するところ。

全園児&保護者の前で
年少・年中・年長の3月生まれの子どもたちは
しっかりと自分の名前を言っていましたよ。


3月生まれというのは
準備もままならない状態で幼稚園に入るわけですから
親の方としては特に不安が大きくなってしまう。
みんなについていけるかどうか。
本当にやってけるのか?とか。

でも、大丈夫なんだと、今日はっきりわかりました。
子どもって大丈夫なんだって。


出来ないことを考え出したら、心配なことはいっぱいある。

チョキが未だに苦手で
お箸の持ち方がちっとも上達しないし
すぐ諦めるし
大きな声で泣けばなんとかなる!?と未だに思ってるし
鉄棒も縄跳びも全部苦手。


でもま、大丈夫だなって思いたい、信じたいなって思いました。
何よりも、信じよう!って思う事が大事なんじゃないかなって。

保育の時間を見学して
子どもの世界もラクじゃないよねぇと思う場面がありまして。
もっと甘えさせてあげたいなぁと思う反面
自立を促してあげなきゃなって思ったり。
いろんな気持ちになりながらも最終的にはこう思ったのです。

せっかく生まれてきたんだし
まずは楽しもうよ!!!


ってね。

コレ出来ないとダメとか
まだ出来ないの!?とか

それは結局
親の私が周りの子と足並みそろってくれてると安心
って事なんだなぁ〜〜と気付きました。

実際子どもも苦労するかもしれないけど
じゃぁその時、がんばればいいかなって思う。

平均的5歳児と我が子を比べても意味ないし
平均的な母親像に縛られる必要もない。

他人に合わせる必要は全くないよね。
子どもも、親も。

幼稚園の保育見学をしながら、そんなことを考えていました。



まぁそうは言っても私のことなので
きっとまたカリカリ怒りん坊ママにすぐ戻りそうなので
ここに記事として残しておこうと思い書いたのでした。


(未来の私よ、心して読むべし。)



by yukai_dp | 2016-03-03 23:46 | 子育てのこと | Comments(0)

学級閉鎖 家での過ごし方

つい先日、友達の子が通う幼稚園で学年閉鎖と聞いていて
わぁ大変だね!と思っていたら
我が子の通う幼稚園でも学級閉鎖が!
しかも息子のクラスだけインフルエンザが大流行。

来週月曜日まで幼稚園お休みです。
製本講座、行けない(T-T)
幸い息子は元気ですが
菌を持ってるかもしれません・・・


子どもは元気だけど、学級閉鎖でお休みの場合
どんな風に過ごしたら良いのか
ちょっと悩みますよね?


幼稚園からのお知らせには
・手洗い&うがいを徹底する
・人混みを避ける
・十分な休息&栄養をとる

と書いてありました。
外出はやめておいた方が良さそうです。

じゃぁお家で何して過ごそうか・・・
というわけで
以下、子どもとやりたい事リスト。

・おもちゃ棚を片付けしやすいように整理する
・写真アルバムを一緒に整理
・手作りおやつ
・切り絵でお絵描き
・製本講座に行けない代わりに、一緒にノート作り

これくらいかな。
室内遊びをとことんやり尽くそうと思います。

ちなみに写真整理してたら出てきた写真。
ソファに刺さる息子、4歳の夏↓
c0366058_00202360.jpg




by yukai_dp | 2016-02-06 00:22 | 子育てのこと | Comments(0)

チャイルドシートを嫌がる子への対策はナイです

c0366058_00183400.jpg
静岡に戻りました。
また明日から日常が始まりますね。

我が家は車で帰省しました。
帰省は楽しい反面面倒なこともありまして
次男1歳がチャイルドシートをとことん嫌がるのです。

ギャーギャーギャーと泣きわめくので
リアシートに直接シートベルトを装着して座らせてみても
罠にかかった獲物のように?暴れまくるので
これは危険だというわけで、チャイルドシートに即戻して
やれ、おやつだおもちゃだ。。。と気をそらせるために
相手をしつつ、たまに抱っこしてあげたり。
こどもも親もお疲れ!な移動時間でした。

そんなご家族の皆様、お疲れ様でした。
早く、にこやかに移動できる日が来るといいですね。


とはいえ。

普段は泣かないのに
なぜ長距離移動の時だけチャイルドシートを嫌がるのか・・・

思い当たる節があるとすれば
私が隣に座っているからかもしれません。
隣にいるなら抱っこしてよ!?的な視線を感じるし。

これからは
私は助手席、長男&次男は後ろの席。

これなら泣かないかも!?

しれません(期待薄)




by yukai_dp | 2016-01-04 00:49 | イラスト | Comments(0)

クリスマスの落し物

c0366058_00142192.jpg


今日はクリスマス、みんなどんな一日を過ごすのでしょうか?

我が家は家族でささやかなパーティーをする予定。
まぁ晩御飯の延長だけど。

我が家のサンタは祝日におもちゃ屋4軒回って
クタクタのヨレヨレになりながら、やっとプレゼントをゲット。

「お父さんって大変だね・・・」
とつぶやきつつも嬉しそうにしていたのが印象的でした

さて、明日子ども達は喜んでくれるのでしょうか!
楽しみだ( ̄ー ̄)




by yukai_dp | 2015-12-25 00:41 | イラスト | Comments(0)

子どもの成長 出来て当たり前じゃないのだった

先週、幼稚園の個人懇談があった。

周りの子と比べると大人しめでおっとりした息子。
先生から何を言われるか、内心ドキドキしていた。
園での様子など聞かせてもらった後
最後にわれた一言がガツンときた。

「もっともっと経験させてあげてください」

・・・はい。すみません。

手を出し過ぎてしまうこと、やんわり注意されたのだ。

着替えも、うがいも、縄跳びだって、鉄棒だって、ケンケンだって
はい、やってみて!で出来るわけじゃない。(出来る子もいるけど。)
特に我が子は失敗を恐れる&怖がりだから(誰かに似ている--;)
チャレンジできるように促してあげなきゃいけなかったんだった。

そうだった。
赤ちゃんの頃も、そんな事があった。

首がまだすわってないからと
必ず手を添えてそーっと大事に大事にしていたら
首がなかなか据わらなかった。
それじゃ、ダメよ!と教わった。

そうか、首がすわるようにしてあげなきゃいけないのか!
とそこで初めて知ったのだった。

親がいくら促しても、子どもは自分のペースで成長していくだろう、とも思う。
でも、子どもが本当は”出来る事”を”出来ない事”と決めつけちゃいけないし
成長のぺースを親の決めつけで乱しちゃいけないなと、思うのでした。

というわけで、楽しく「やってみよう!」と思える声かけが出来るようになりたい私。
育自ですねヾ(´ε `;)ゝ



4歳息子のはやりの遊び
「亀さんだよ」
c0366058_23582112.jpg
手編みの座布団を背中に背負って
じーっとしている。


c0366058_23582424.jpg
動き出した!

c0366058_23582765.jpg
こっちに来た!

c0366058_23582812.jpg
そして眠りこんでしまった。

夕飯作りたいので帰ってください。



by yukai_dp | 2015-12-16 00:27 | 子育てのこと | Comments(0)

親は反面教師くらいでちょうどいい。一緒に育っていけばいい。

ひとりの人間を自立するまで育て上げることなんて私には無理

と思って頭を抱えたくなる時はありませんか。

私はよくなります。



子どもの言動や立ち居振る舞いが

私の悪い所ばっかり似てしまった時

やめさせたいけど、それ自分だし、注意する資格なんてない

結局私がいけないんじゃん!ってショボーンとなる。


子どもは親を見て育つんだから

ちゃんとした姿をしめさないといけない

私のようにどうしようもない大人になったら大変だ

と思っても自分以上になれるはずもなく

ある意味パニックになる。



そんな時、思い出したいのが

母親は完璧な人間じゃなくてもいいということ。

当たり前なんだけどね。


なんだろな、親は子どもに教える与えるという立場だと思ってしまうと

親側が頭脳も精神力も備わってないといけない

という風に考えてしまう。


いや、そうではなく。

一緒に育っていけばいいのだ。

もっと素のままでいいんだって

焦らなくていいのだ。


そういう事を自分に言い聞かせる時に

思わず口ずさむ歌があって

それが

c0366058_03074204.jpg
あれ腹話術っぽい口になってしまってる汗


槙原敬之 No.1 という歌のサビ。

恋愛の歌だけど、この部分の歌詞がね

自信ない自分でも覚悟決めたところがいいなと。


私も自信はないけど、私でいいのかなって思うのはよそう。

この子らの母なのだと腹をくくるのだ

母だからといって素晴らしい人間じゃなくてよいのだ

そうだ、反面教師でいけばいいのだ

「あぁにはなりたくない」と思ってもらえたら成功だ


と思って、行ったり来たり迷いながら

育児をしていこう、と思うのでした。




槙原敬之 No.1  →YouTube


by yukai_dp | 2015-11-22 11:44 | 子育てのこと | Comments(0)

子どもは詩人 「ゆめをみた」

今でも時々思い出す手紙がある。


友人の子、当時5歳の女の子がお母さんに当てた手紙だ。


家族で友人宅に押し掛けてお泊りした時

何気なくその手紙を見せてもらった。



おとうさん おかあさんの けっこんしき の ゆめをみた


おかあさん おひめさま みたいだった


わたしも いきたかったよ



これは手紙じゃなくて詩だと思った。

5歳の女の子が瞳をキラキラさせながら

これを書いたのではないかなって思ったら

いじらしくて、切なくなるのだった。



友人は合理的な人で、

結婚式にお金をかけるなら、旅行や新居にお金をかけたい

と言って、結婚式はあげなかったのだ。


友人は、はははーと笑ってたけど。



さて、わが家の息子4歳になり、お友達からお手紙をもらうようになった。

でも返事を書かない(オイ!)。促してやっと。

だから私宛にも手紙は書いてくれないけど、密かに欲しいなと思っている。



c0366058_12074568.jpg


by yukai_dp | 2015-11-16 12:09 | 子育てのこと | Comments(0)

七五三のアルバム 今週中には仕上げると宣言

作るぞーと思ってある程度まで進むと
そこで一度、寝かせてしまうという
悪いクセが私にはあります。

特にアイデアが降りてくるのを待ってるわけでもないのですが(汗

何故寝かしてしまうのかなぁと考えてみたら

失敗しちゃったらどうしよう
うまく出来なかったらどうしよう

という発想で物事を考えていることがわかりまして。
一発でキレイにカンペキに作ろうとしてたのです。

量が質に変わるって覚えたばかりだというのに!
あーオバカ。
と自分にカツを入れて作業を進めております。

近いうち、完成品をお披露目したいと思います。

c0366058_12374171.jpg
とにかく仕上げる、悩まない、と考えながら進めております。。。






by yukai_dp | 2015-10-08 12:39 | 手製本 | Comments(0)

子どもの作品を一冊に収める

幼稚園に通っている息子の、年少さんの時の作品を一冊にまとめました。
c0366058_23071281.jpg
折り本(ジャバラ)仕様。


子どもの作品はいつか処分するのだとは思うけど
やっぱり捨てられないのですよね。

年少さんだし、特に息子はお絵描きがあまり好きではないので
傑作な絵がそろってる!わけでもないのだけど
やっぱり記念にとっておきたいのです。

c0366058_23071799.jpg

傑作ではない分?!遠慮なく作品を切り貼りして(切ってもいいか?と息子に確認)
ジャバラの折り本に貼っていきました。

一枚の絵でわりと広範囲にしっかり描けている絵は
そのまま折り本の1ページとして使い

後から取り出して見たい作品は、貼付けずに
本に切り込みを入れてポケットを作り、入れてあります。

・・・

ちなみに、幼稚園では年少さん最後の日に
大きな袋に入れて作品を持ち帰ります。
どこも一緒かな?

ずーっと入れっぱなしだったわが家(これも一緒かな^^;)
やっとスッキリ片付きました。


c0366058_23072020.jpg
今後、子どもの作品は現物を残しておく事は難しくなっていくので
写真に撮るのが一番良いのだろうと思いつつ

最初の記念に作品集としました。


本なので、パラパラと見返しやすいのがお気に入りです。





by yukai_dp | 2015-09-28 23:21 | 手製本 | Comments(0)

七五三の写真スタジオは写真アルバムで選ぶと後悔しない

これは私が後悔してることなんです。


前回の記事でもちょっと書いたけど

七五三の写真を手作りするきっかけにもなった事。


写真撮影の目的って当たり前なんだけど

写真を残すことが目的。


それなのに、安いし近いから!という理由だけで撮影してもらって

いざ、アルバムにしようと思ったところで

気に入ったのがない!という事態に。。。


で、結局どうしたかというと、

データだけ買い取って

アルバムは手づくりすることにしました。


・・・


何がそんなに気に入らないのか、と言うと

アルバムのデザイン・質・料金。(全部!?)


私たちは当初シンプルに写真2~3枚を

キレイに仕立ててもらえばいいかなと思ってました。

頭の中にあるイメージは、私が成人式に撮ってもらった写真。


だけど、実際お店では

その2~3枚用のアルバムは重厚感もない簡易的な作り。

なんか安っぽいうえに1種類のみで選べない。

でも決して安くはない価格。


で、これいいなぁと思うものもあったのです。

ハードカバーでしっかりした作りで重厚感もあって・・・


でもそういうタイプのってすごく高い。

5万くらいしたと思う。


すっごい強がって言うけど・笑

払えない金額ではないけどね・笑

なんか適正価格じゃないと思えて仕方なかった。


後で調べたら、だいたいこれくらいが相場だったので

私にとっての適正価格が単なる思い込みだったのだけど。


こういったアルバム代は高いってことなんですね。


アルバムのデザインに関しても私の確認ミスだったな。


撮影予約を入れる前に、お店の方から色んな説明を受けまして

最終的にはこんな仕上がりになります~と

数冊フォトアルバムを見せてもらったと思う。たしか・笑


その時の私は、まぁこんなもん?と思った程度だったし

最終的な金額の確認もしなかった。


撮影料金が激安でも要注意なのですよねぇ。

安くできるのにはワケがあるってことか 汗


・・・


私たちはちょうど1年前の夏休みに撮影しました。(早割とかで)


アルバムに関しては失敗でしたが

こうなったら自分たちの気にいるアルバムを

作りたいと思います。


こりゃダメだと思ったらフォトブックでも作ろうかな^_^


七五三の撮影をされる方は

衣装や金額などの他に、最終仕上がり(アルバム形態)もしっかり検討して

後悔ないように思い出を残してくださいね。




by yukai_dp | 2015-08-29 15:41 | 手製本 | Comments(0)


男の子2人の育児の合間に作品制作 【手製本・切り絵コラージュ・イラスト】そのほか、暮らしを愉しみたい私の試行錯誤のキロク


by yukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

手製本

手づくり
住まい&暮らし
ガーデニング
食について
子育てのこと
お気に入り
思うこと
お出かけ
お知らせ

タグ

(95)
(76)
(61)
(56)
(38)
(37)
(35)
(35)
(18)
(15)
(9)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)

最新の記事

タンポポの種類を見分けるには?
at 2017-03-26 00:20
養老鉄道の終点(揖斐)まで行..
at 2017-03-22 17:23
卒園式、泣いたよ。
at 2017-03-18 22:48
切り絵コラージュ 春の雨粒
at 2017-03-15 22:56
表からは見えないけど、重要な..
at 2017-03-13 23:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

最新のコメント

> ゆみさん そうなん..
by yukai_dp at 22:26
ドンキホーテ…わかります..
by ゆみ at 08:32
> yyyanoyさん ..
by yukai_dp at 01:04
> ゆみさん おぉ!な..
by yukai_dp at 01:01
しおりはよく使います。し..
by yyyanoy at 15:39

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
ハンドメイド

画像一覧