タグ:つぶやき ( 66 ) タグの人気記事

どの場面が好き?パイレーツオブカリビアン呪われた海賊たち

久しぶりに映画を観て満足な今宵。
PCの調子が悪くてこんな時間になってしまいました。

それにしましても、面白いですねーパイレーツたち。
海賊たちが憎めないキャラなのがいいのですよ!

私の注目俳優はやっぱりジェフリー・ラッシュ。

オーランドブルームも
ジョニーデップもいいんだけど
やっぱり好きなのはジェフリー・ラッシュ。
この人が出る映画は間違いないと思う!


特に好きなシーン。

バルボッサがアステカの金貨の呪いの話をするところ。


呪われた金貨を略奪し、湯水のように使い果たすバルボッサ。

食べ物、酒、女・・・

いくら金を使っても満たされることはなかった。

酒を呑んでも酔えず
何を食べても味はせず
どれだけ美しい女を抱いても心は癒されない

死ぬに死ねない不死身の体。

それは全て呪いのせいだった。

欲にかられ、欲に滅ぼされたのだ。



ジェフリー・ラッシュ演じるバルボッサを画像検索すると
どう考えても小汚いおじさんなんですよ。

でも、あの迫真の演技を見てるともう釘付け。

ジョニーデップ演じるジャックスパロウが
目の前でリンゴをかじるときの
バルボッサの動揺ぶりといったらもう。

あぁいう細かい演技が憎いわぁ。


いや、もっと特筆すべきシーンはあるのだけど
今回この映画を観たのは
このシーンと
バルボッサの最後のセリフを確認したかったから。


やっと呪いが解けたとき、
バルボッサの体はすでに銃で打たれていた。

その瞬間、目を見開き


やっと感じる
寒い・・


と言って死んでしまうのです。

やっと感じることのできたバルボッサの言葉を
もう一度聞きたかったのでした。



痛みがあっても感じる方が
幸せなのか、そうではないのか・・・
感じる方に一票入れたくて
バルボッサを見たかった

というわけでした。

まぁどうでもいいかぁ。


そんな夜、でした。





by yukai_dp | 2017-01-09 01:53 | お気に入り | Comments(0)

人が森に惹かれる理由

一体なんなのでしょう。

考えても、好きだから・・・
しか言葉が出てこなかったので
本を開いてみたら
ぴったりの表現を見つけました。

少し抜粋してみます。


・・・


本を読もう。

もっと本を読もう。

もっともっと本を読もう。

c0366058_21564137.jpg
c0366058_21570176.jpg


書かれた文字だけが本ではない。

日の光り、星の瞬き、鳥の声、

川の音だって本なのだ。

c0366058_21572000.jpg


c0366058_21585254.jpg


ブナの林の静けさも、

ハナミズキの白い花々も、

おおきな孤独なケヤキの木も、本だ。


c0366058_21573154.jpg


長田 弘
詩集「世界は一冊の本」より抜粋



・・・



今日も遊木の森で一日を過ごして
大きなヤマモモの木に出会いました。
感激。

ヤマモモの葉っぱは花のような付き方でした。

c0366058_21574155.jpg




by yukai_dp | 2017-01-05 22:04 | お出かけ | Comments(0)

今年一年、自分に問いかけていた言葉

c0366058_00041596.jpg
昨日、一年を振り返ってみて思うのは
とにかく駆け抜けた一年だったという事。

何か迷うことがあったとき
私の頭の中では


それをやらずに死んでも後悔はないか?


と自分に問いかけていた(と思う)

大げさな問いかけかもしれないけど
事実
平均寿命まで生きられる保証はどこにもないし
60歳までかもしれないし
あと数年かもしれない。
結局わからないから。

だから、やるなら今なんだって
そんな事を考えて過ごしてきた一年でした。

ちょっと生き急いでる感じもなくはない?
来年はもう少し、ゆったり流れに身を任せてみたいな。
そして笑ってたいな。

自分に優しくしたなと思うのでした。
死ぬか?生きるか?じゃなくね。


そうそう、
上の写真は手作りのしめ縄。
祈りながらしめました。

・・・

ブログを読んでくださった皆様
今年一年間、ありがとうございました。

読んでくださったみなさまが
気楽な気持ちになるようなブログを目指して
来年も記事を書いていきたいと思います。

だいたい私のトホホな日常ですが!
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
次の記事は元旦に更新したいと思います。

それでは良いお年を!

by yukai_dp | 2016-12-31 00:29 | 思うこと | Comments(0)

2016年 とにかく行動してみた一年でした 記事まとめ

2016年、みなさまどんな年になりましたか?

私にとっての2016年は
やりたい事を我慢せず、行きたい所は多少無理をしても行きました。
迷うならやめとこ、じゃなくて「とりあえずやってみる」
と思って行動した一年でした。

ひと月ごとに当時の記事と共に振り返ってみたいと思います。


■1月 東京弾丸日帰りツアー
行きたかった所を1日で回ったハードな日。
この日に得たものは計り知れない。

(関連記事)



2月 手製本講座の講師デビュー
2015年に出展したクリスマスフェスタでの体験コーナーをきっかけに
ママの部活動さんから手製本講座の講師として呼んでいただきました。
やりたかった事だったので本当に嬉しい依頼でした。

(関連記事)



3月 かさこ塾に通う/製本講師2回目
2度目の手製本講師。この時の後悔は今の私の原動力にもなっている(笑)
そして静岡で開催された、かさこ塾に入塾。ずいぶん迷って迷って決めました。
今振り返ると、確実に!ここからさらに私の人生は加速しましたね。

(関連記事)



4月 活動スローダウン宣言
かさこ塾に通って、前しか見てなかった私。
家族、子どもを見失ってた時期。
それに気づかされる事件が起きました。

(関連記事)



5月 お仕事たくさんきた!
のんびりやろう〜って思って、気ままに行きたい所へ顔を出していたら
仕事を依頼されることが増えました。ブログがきっかけ。

(関連記事)



6月 少しずつ新しい世界に踏み入れる/制作に追われる
新しい人との出会いが少しずつ増えてきた。
慣れない仕事に戸惑いつつ奮闘の日々。

(関連記事)



7月 自分を見つめ直す出来事多発/制作に追われる
ちょっと元気ない時期だったかなぁ。
でも夜になったら制作。

(関連記事)



8月 アート月間/手製本講座を主催/制作に追われる
講座を自主開催しました。
と言っても知り合いに声をかけて講師業の場数を踏ませてもらいました。
どうしたら参加者の方に喜ばれるのか、試行錯誤していました。

それと夏は美術館にいっぱい行きましたね〜。
願いが叶うなら軽井沢の千住博美術館で丸一日すごしたいなぁ。
今の私、空っぽだ。。。

(関連記事)



9月 仕切り直し/制作に追われる
忙しく制作に追われつつも、より良い方はどっちだ?と考え続けてきて
ポンと頭の中に答えが降りた。改めて決めて仕切り直した月。

(関連記事)



10月 自分の変化が始まる/制作に追われる
三島かさこ塾のプレゼンを見に行ったことで殻を一つ破るきっかけを得た。
東京にて山口由起子さんのセミナーに参加したことで
急に自分の世界が色濃く見えてきた。いつのまにかスイッチが入ったかのよう。
山口さんはすごいです。

(関連記事)



11月 HP開設/自分の世界が見えてきた/価値観の変化/制作に追われる
ずっと作ってみたかったHPを作った!嬉しかったですね〜
そして、かさこ塾フェスタや育勉セミナーで
ますます自分を見つめ直し、振り返り視点を変えて行きます。
自分の中で価値観が変わっていくのを感じながら
夜になれば、とにかく制作。忙しい月だった!

製本講座の講師3回目にしてやっとキレイに仕上げる伝え方のコツを得ましたね。
少しずつだけと進歩してると思いたいな。

(関連記事)



2月 クリスマスフェスタ出展/セルフマガジン入賞/素直に生き始める/制作に追われる
何と言っても、二日間のイベントに参加したことが大きい。
今もまだこの余波を受けている。
イベントに合わせてセルフマガジンを初めて作って
それがまさか入賞するなんて!嬉しかった。
そして、ダークネスな自分がブログにちらほら出てくるようになりましたね。
私にとってすっっっごい変化。
自分の弱さやダメな部分を認め、さらに人前に晒したんだから。

ブログって、例えると知り合った人と友達になっていく過程みたいな感じ。
会うと活動の話や趣味の話をするんだけど、仲が深まってくると
自分の想いとか悩みとかも打ち明けたくなるみたいな、そんな感じなのですよねぇ。

(関連記事)




長かったなー!誰が読むんだろうこの記事(笑)
私が来年の今頃読むための記事ですね〜
ちなみに、2015年も同じような記事を書いてます

疲れたので夕方の空でも見ましょうか。

c0366058_01102954.jpg


セルフマガジンを作りました。
マガジンをご希望の方はフォームよりお申し込みください。
※マガジンは無料です。
※送料も無料です。


フォローはお気軽にどうぞ。




by yukai_dp | 2016-12-30 01:12 | 思うこと | Comments(0)

自分の気持ちに正直になった。最初の一歩を踏んだのだと思いたい

自分の感情を素直に認めることって
本当に難しいものです。

いや、これは良くない事だし。
こんな風に思う自分が悪いんじゃないか。
気のせいかもしれないし。

などなど、こんな思考がループしていました。

でもある時から

もう、いいじゃないか、自分がそう思うのならそうなのだ。
良い悪い関係ないのだ。
ただそう思う、それが私にとっての事実なのだ。


半ば諦めるみたいにして
もういいじゃん、って自分の感情を認めたとたん、
心が晴れたし、軽くなったような気がした。

・・・

例えば。

私は心の底では父を軽蔑している。
普通に父娘として仲良く話もできる。
でも本心は決して見せないと決めている。
父に対して諦めているし、正直、頻繁には関わりたくない。

こんな気持ち、認めたくなかった。
もっと仲が良くて尊敬できることが良い関係だと思っていたから。
でも私はそうは思えなかった。仕方ないけどそれが事実。
そういう感情を持ってしまうことは悪いことではない。

ただそういう感情がある、と認めることにした。

そしたら、父に対する別の感情が湧いてきた。

私は父のことを好きだったんだなと気づいた。
愛したかったし愛されたかったんだなぁ、と。
それも、そうかそうか、と認めるだけ。
今は無理に好きになる気もない。

父を軽蔑してるからって親子関係を解消する気もないし
無視するつもりもない。
今まで通り程よく接していこうと思ってる。

何をどうするつもりもない。
ただ、自分はこう思っている、こんな感情を抱いていることを認めただけ。


他にも
「普通そんなこと思ったらアカンやん?」
と思う感情を認めた。

認めてよかったと思う。
ちょっと晴れ晴れとした気分。堂々としていられる。
コソコソしなくなった。

でもどうしようもなく苦しくなる事もある。
その感情も味わうしかないのなら味わいますが。

何をどうするつもりはない。
ただ認めた。
間違っていようと悪い事であろうと
そう思っているんだと認めた。

否定を繰り返してきた私にとって
それは進歩だと思うし
立ち止まらず、次へ進むための一歩だと思いたい。





セルフマガジンを作りました。
マガジンをご希望の方はフォームよりお申し込みください。
※マガジンは無料です。
※送料も無料です。


フォローはお気軽にどうぞ。



by yukai_dp | 2016-12-23 22:19 | 思うこと | Comments(0)

空に雲がないなんて、ショートケーキにイチゴがないくらい寂しいよね

やけっぱちなタイトルw

むかし、高校生の頃。
晴天嫌いと言ったら
とても驚かれて私もびっくりしました。

晴天、悪くないけど良くもないよね?

鉛色の曇り空であっても
そこに雲がもくもくと発生してて
風が強くて雲もどんどん流れていくような天気とか。

何かが始まりそうなドラマチックな感じが
ワクワクしますねぇ。

あまり空の写真は撮ってはいないけど
かき集めてみましたよ。

c0366058_22154577.jpg
土曜の夕日が好きなのだ



セルフマガジンを作りました。
マガジンをご希望の方はフォームよりお申し込みください。

※マガジンは無料です。
※送料も無料です。




フォローはお気軽にどうぞ。





by yukai_dp | 2016-12-20 22:23 | 思うこと | Comments(0)

クリスマスソングを聴こう〜

もうすぐクリスマスですね。

昨日から急にクリスマスソングを聴きたくなって
色々と聴いていますが。。。

この時期の音楽って
新旧洋邦問わず、ロマンチックだよね!

なんなんでしょ!?
この甘いムードは。

最高じゃないですか笑
このムードで一年通しても良いと思います。
冬じゃないとこのテンションにならないのかな?

我が家は5歳と2歳が奇声で会話してますので
音楽があまり聞こえませんケドね。

負けないw


先日から映画「ラブ・アクチュアリー」のことを思い出していて
無性に聴きたくなった挿入歌
マライア・キャリー/All I want For Christmas is You


マライアバージョンも。
良い声してるね〜


ラブアクチュアリーと言えばこの場面。
映画館で泣いた〜むせび泣いたよ。

夫がクリスマスプレゼントにネックレスを用意していることを知った妻。
しかしクリスマスの日にプレゼントされたのはネックレスではなく
ジョニ・ミッチェルのCD。
じゃぁあのネックレスは・・・?
夫が浮気をしていることを知ってしまう妻。
だけど、目の前にはクリスマスを楽しむ我が子と夫。。。
自分の悲しみをぐっとこらえて空元気を装いながら
別室で聴く音楽。
歌の歌詞が傷ついた妻にそっと寄り添う。

「私は愛の幻想を抱いていたのか、もう愛なんてわからない」

年を重ねたジョニミッチェルが歌うこのバージョンを
この場面に持ってきたことが憎いよね!(若い頃から歌っている歌です)

年を取れば賢くなって人生の謎や愛が理解できるのかというと
そうではないのだ。
どれだけ人生経験を積んでも、わかることなどないのかもしれない。。。

そんなことを思わせてくれる場面。

ジョニ・ミッチェル/Both Sides Now


そうだ!ラブアクチュアリーと言えばこの場面も外せないよね。

好きな女性が親友と結婚してしまうの彼のお話。
彼は自分の好き、という気持ちを貫きます。
ありったけの好きな気持ちを祝福という形に変えて。。。

そして最後に思いを打ち明けます。(というかその前にバレたんだけど)
彼の気持ちをキーナはありがとうのキスで応えるのです。
彼はひとり「イナフ」と(カタカナ表記ですけど)
イナフと呟くのです(涙)

アァ、、、報われないけどイナフなのですよ!(涙)

もうキーナ、こっちの彼に乗り換えちゃいなよ!
って言っちゃいけないかw



ささ、涙を拭いて
話をクリスマスソングに戻しましょう。


続いて、チャーリーブラウンのクリスマス。
とある有名ブロガーさんが2013年冬にこの歌を紹介していて
ハマりましたね〜
2013年クリスマスから聴き続けて、2014年の一年間聴き続けました。
CD全曲好きすぎる!超オススメ。

Christmas Time is Here Song



続いて、こちら!
東京のおしゃれなクラブで年3回開催されている
永田ジョージさん主催のVocal Crossing のアンコール。

ほんといいです。
2015年冬のライブ映像ですが、好きすぎて
2016年梅雨くらいまで毎日聴いてました。

この3人の声がとても良いですね。
アンコールですから、アーティストたちの充実した感情も
音に乗って伝わってきて、それを感じるのがまた良いです。

1日の終わりに聞いてホッとしてから眠りについていましたね〜。




最後に、思い出の一曲。

小学生の頃、冬休みで家に一人でお留守番をしていた時
何気なくテレビをつけたら、このミュージカル映画が放映されていました。

特にミュージカルが好きなわけじゃなかったけど
みんな美形だし華やかだし、つまらない気分も紛れて
楽しく観た記憶があります。
たまたま動画を見つけて、懐かしかったな。




というわけで、私の好きなクリスマスソングでした。
(ほとんど映画の話だったけどw)

ヒマな時にでも聴いて観てね!





フォローはお気軽に!


by yukai_dp | 2016-12-20 00:39 | 住まい&暮らし | Comments(0)

ナイフを持った少女を見た。白昼夢なのか昔の記憶か

先日掃除をしていた時のこと。

何も考えず、ただ黙々と床の水拭きをしていたら
目の前に、というか頭の中に
一人の少女がぼんやり現れた。
4歳、5歳くらい。

うす暗がりの中、小さな門の前で
少女はうつむいて立っていた。
手にはおもちゃのような小さなナイフを持っている。

なんだか少しだけ怒っているような顔が見えた。

私は掃除を続けながら少女を見ていた。


その少女がどうして門の前に立っているのか。
なぜ、少し怒っているように見えるのか。

聞かなくても私は全てを知っていたし
少女の望みも知っているし
どうしてそんな怖い顔して門の前で
立たなきゃいけなかったのか
全て理解した。

(と思う)



少女は必死に守っていた。
誰も入ってこないように
入口の前で門を見張っていたのだ。

多分きっと自分の世界を守っていた。
誰にも理解されないと諦めた気持ちで
理解を示さない人は
絶対中に入れないんだって
誰にも見せないし私だけしか入れない世界の入口を
必死に守っていた。


つまり少女とは私のことで
私がある時からなぜ昔のことを思い出すのが
苦痛だったのかも
これで理解したし
私が子供の頃どんな気持ちでいたのか
この少女を見つけたことで少し思い出した。

(と思う)


一体なんのことだろうと思うけど
私もなんだか不思議な気分で
とにかく今日はこれをここに残したかった。

妙にリアルなんだけど妄想の世界のような。。。
奇妙な時間だったな。

でも不思議と、やっと会えたなぁって思って
ホッとしてる。


続く
(と思う)




by yukai_dp | 2016-12-02 00:28 | 思うこと | Comments(0)

日々少しずつ進んでいます 手製本ノートを作る

c0366058_01274599.jpg

綴じて、綴じて、綴じております。
焦ると乱れるのでていねいに。


明日は
塗って貼って、塗って貼って
になりそうです。





12月のイベントに向けて準備中




フォローはお気軽に!
つながりましょう〜


by yukai_dp | 2016-11-22 01:31 | 手製本 | Comments(0)

日常が最高なら人生も最高! オクシズのログハウス訪問

人生の大半は、なんてことない日常で占められている。
それなら、その日常が自分にとって最高の状態なら
人生そのものがも最高になっていく・・・

先週、オクシズのログハウスに遊びに行って
そんなことを考えていました。


オクシズとは静岡市の山間部地域の呼び名。
市内から車で40分走ると、そこはもう山の深部。
私の住む住宅街からは考えられないほどの非日常地帯。


家を一歩出ると、美しい紅葉を見ることができます。
c0366058_01173368.jpg


c0366058_01173918.jpg



ログハウスにお邪魔して
リビングの窓からは青々とした山の景色が見えます。
c0366058_01174211.jpg


私の住まいのリビングからは
お隣のアパートの玄関が見えますよ。

この違いと言ったら!

日常的に過ごす環境が良いものであればあるほど、
もっとリラックスしてより良い状態で居られますね。

そんな空間に自分の身を置けたらどんなにいいか!

住む場所はそう簡単には変えられないけれど
住まいの中を整えることなら私にも出来る。
自分たち家族にとって心地よい空間を作っていきたいなぁ
とつくづく思うのでした。



家のすぐ外には川が流れているのです。
c0366058_01175941.jpg

ここまでくると、もう旅行気分♪

そして、ログハウスと言えば薪ストーブ!

c0366058_01174523.jpg
私、薪ストーブ初体験です。
焚き火のような匂いして、家の中なのに外にいるような
不思議な感覚でした。
火をじっと眺めていたくなります。


そして、そして、
薪ストーブでじっくり焼き上げられたピザや
燻製のチーズやナッツをいただきましたよ。
c0366058_01174703.jpg

今回、かさこ塾の静岡同期会として集まったので
みんなで一品ずつ持ち寄り、お腹いっぱいになって帰りました。

念願のオクシズヘ、しかもログハウス&薪ストーブを体験できて
とても刺激的な一日でした。




この記事がきっかけ。念願叶った!




フォローはお気軽に!
つながりましょう〜





by yukai_dp | 2016-11-21 01:41 | お出かけ | Comments(0)


男の子2人の育児の合間に作品制作 【手製本・切り絵コラージュ・イラスト】そのほか、暮らしを愉しみたい私の試行錯誤のキロク


by yukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

手製本

手づくり
住まい&暮らし
ガーデニング
食について
子育てのこと
お気に入り
思うこと
お出かけ
お知らせ

タグ

(106)
(86)
(66)
(63)
(47)
(42)
(39)
(38)
(20)
(19)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)

最新の記事

ヒノキの葉は個性的
at 2017-06-25 00:32
本能を感じる食体験、桑の実を..
at 2017-06-23 00:36
豆本できた!ちっちゃいものク..
at 2017-06-21 22:50
難しいは楽しい。今の自分より..
at 2017-06-21 01:15
改良した楽譜挟み、姉妹用にふ..
at 2017-06-19 22:54

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

最新のコメント

> hontokamiさ..
by yukai_dp at 00:43
がんばれ~~!小さいから..
by hontokami at 22:16
> acchi9tさん ..
by yukai_dp at 00:58
こんにちは^ ^ ..
by acchi9t at 10:48
> ゆみさん こんばん..
by yukai_dp at 00:46

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
ハンドメイド

画像一覧