タグ:つぶやき ( 80 ) タグの人気記事

結局は自分がどうしたいのか?だね

仕事や夢や生き方、生活の細かいこともすべて
結局は

自分がどうしたいか?

だなぁと最近つくづく思う。
でもこの言葉って実はすごく難しいですよね?

自分の本心って実は一番わからない。見えない。

実現可能か?とか世間体とかお金のこととか?
他の人の意見はどうなの?とか
いろんな事含めて考えてしまうからなのか
実現しそうなことや丸く収まる事を
本心って思ってしまうこともある。

これからの私の仕事、叶えたい夢。
描いている絵、
どんな暮らし方をしたいか。

生きていると選択の連続だなと
本当に連続すぎて思考停止にもなるけど
投げ出すわけにもいかないし、
それよりも何よりもどうにかしたいから

「さ〜て、どうしよっかなぁ」
「私は何を望んでるんだっけ?」

と自分に問いただすしかない。

自分の頭で考えないと
物事(人生?)は本当には始まらないよね。

だからこそ
普段から自分の感情を素直に認めないとね。

・・・

今日の選挙は正直行きたくなかったなぁ。
誰にどこに入れたらいいか判断できなかった。
思考停止だった。

政治の記事やニュースはもう見たくないよって
それこそ知ることを放棄した私に
正しい判断なんてできない。

何が正しいかは分からないけど、自分がどうしたいか?ならわかる。
だから、公約を見直して自分が望む未来と同じことを言う所に入れた。

この一票で私は自分の望むことを表明したんだ
と思ったら、これで良かったと思えた。

投票は表現の場だったんだ、と初めて思った。

とりあえず、選挙は終わった。

そしてまだまだこの先も
自分に問いかけて行かねばならないことたくさん。
自分はどうしたい?を。





by yukai_dp | 2017-10-23 00:48 | 思うこと | Comments(0)

横顔・・・無意識の自分が現れる場所

小さい頃から絵を描くことが好きだった私は
女の子やお人形さんの絵ばかり描いていた。
お目目が大きく、派手にカールしてあるまつ毛。
スカートはいつもフルーツ柄を好んで描いた。

小学校高学年になると
もっと上手に絵を描きたいと思うようになり
家にある小物をリアルに描くようになった。

誰かに教わったわけではないので
ただただ、目の前にあるものを自分が見た通りに
夢中になって描いていた。

ある時、私は母の横顔を描いた。

確か横座りの全体の姿も描いたと思う。
自分でもびっくりするくらいリアルに上手に描けていて
自画自賛したくなるほどの出来栄えだった。

これを見せたらあまりの上手さにびっくりするだろうな
と、ワクワクしながら母に見せたのだけど

「・・・・・・」

何らか反応はあったはずだけど
母が何を言ったのか何も覚えていない。

多分ほめてくれたと思うのだけど
自分が思ってるようには褒めてもらえなかった
ような気がする。

思ったほどの反応をもらえずガッカリしながら
もう一度自分の描いた絵を見てみた。

私が描いた母の顔は
口元がへの字に結ばれて
苦虫を嚙みつぶしたような表情だった。


人は自分のことを正面からしか見ることができないという。

それは自分の意識が働いている範囲しか
見れないということ。

しかし、他の人は正面以外の横、斜め、後ろから見ている。

人の無意識の部分が現れる場所である。

普段私たちは
自分では見ることができない無意識の領域を
他人に見せていることになる。

私が描いた母の横顔は
母にとっては自分の思っていた姿ではなかったのかもしれない。

でもそばにいた私にとってはその顔こそ
普段の母そのものだった。


この横顔の絵を思い出すたびに何とも寂しい気持ちになる。

それは描いた絵を喜んでもらえなかったのもあるけれど
私の記憶の中の母はいつもにがい表情だったこと
笑顔の記憶が少ないことが
さらに寂しい気持ちにさせるのだった。


私は今、どんな横顔を夫や子どもに見せているのだろう。

きっと現在の私もあの時の母と同じように
にがい表情をしている気がする。

頭の中で不安ばかり作り出して
目の前にいる子どもたちの存在を見ようとしない自分の横顔が
ぼんやりと目に浮かんだ。

c0366058_01134226.jpg
現在の私の横顔。
意識の中の私。


by yukai_dp | 2017-10-19 01:25 | | Comments(0)

今日の優しい雲の色

今日の夕日の後
空が綺麗なピンク色をしてましたね。

そんな時は
夕飯を作っていようとも

カメラを持ってベランダに走ります。
c0366058_23283377.jpg
いい色だったなぁ。
(色調整はしてませんよ)


植物たちもピンク色に染まって
ちょっと怪しげな雰囲気になってた。
c0366058_23284718.jpg
ちょっとだけよ〜みたいじゃないか(笑)


反対側の空。
c0366058_23291590.jpg
この雲の色も優しいなぁ。



みんな見てたかな。



私の雲を思う気持ちを書いた記事

変わった色の空を撮った時の記事




by yukai_dp | 2017-09-24 23:35 | 住まい&暮らし | Comments(0)

人の人生の中で最後に残しておきたいものは写真アルバムでした

人の一生の中でただ一つ、ずっと残しておけるとしたら
何を残しますか。


突然重い内容になりますが・・・

今日は母方の叔父の葬儀がありました。

独り身で体が弱く、他の身寄りもないため
姉と私で何かとお手伝いをしてきました。
本格的に寝たきりになってから
一年であっというまに亡くなってしまいました。

叔父の遺品整理も私たちが行うわけで
さて、何を残そうかと考えていたのだけど
姉も私も写真だね、と意見が一致しました。

昔々のアルバムを見てみると
そこには、母が結婚する前の
家族全員が並んだ写真がありました。

みんな笑顔で。
これを捨てられるわけはないよね、と。


写真アルバムだけで段ボール2箱分はあるので
その中から、これはと思う写真だけ抜き取り
一冊にまとめることにしました。

母の家族のアルバムですが
それは私たちのルーツでもあるので
残したいと思ったのです。

・・・

人の人生の中で最後に残しておきたいもの、
叔父の場合は
私たちは写真を選びました。

それが当たり前のことのようにも思うし
また意外でもありました。

ありきたりだけど、写真だったのです。

たくさんあるときは価値を見いだせないし、
扱いにも困るもの。
なければ無いで困りはしない。

でも、時が経つほどに
大切なものになっていくのかもしれません。

c0366058_23043714.jpg
これは私の元の家族の写真



by yukai_dp | 2017-09-06 23:12 | 思うこと | Comments(0)

夢に出てくる見知らぬ場所に行ってみたい

同じ場所が何度も夢に出てくることがありませんか。

今日の昼寝をした時に夢を見たんです。

その風景を見て「あ、またここだ」と。
また行きたかったから嬉しかったのです。

今回で3回目かなぁ。

時は夕方。
お寺っぽい家があって
前回の夢ではおばあちゃんがかつて住んでいた家で
空き家でした。

今回あかりが灯っていたので
誰かが住みだしたんだなとホッとしながら眺めていました。

周りは緑豊かで遠くには海が見える。
眺めが良い場所なのです。

c0366058_00394601.jpg
こんな感じ。


もう少し離れた場所には
ガラス張りの植物園と美術館とカフェがあって
その場所にまた行きたいのですよねぇ。
(注:夢の話です)

・・・

夕方、目が覚めて
今、自分はどこにいるのかわからず
寝転んだまま呆然としていたら

別室で子どもと夫が
「ボインボイン♡」とキャハキャハ笑ってる声が聞こえて
またソファでジャンプしてるんだなぁ〜

と思いながらやっと現実に戻りました。

そんな土曜日の午後。

あーどうでもいいわ〜笑

by yukai_dp | 2017-09-03 00:41 | | Comments(0)

実家は物置じゃないので・・・ギター持って帰ってきた

実家を出たのに私物を置いている人、いませんか?

実家は物置じゃないのです。
家がキレイになっても実家に私物が残っているなら
それは見せかけでしかない。
片付けたことにならないんです!

・・・

このセリフ、数年前参加した
お片づけセミナーで言われた言葉。

グサリグサリ。

刺さります。

私、お片づけが下手すぎたので
片付けのプロに片付け方を教わったことがあるのですよ。

そのおかげで、家の中は整い
物の住所が(ほぼ全て)決まって
とっても快適になり、セミナーを受けてよかった!と思いました。

がしかし、
実家にまだあるんですよね〜。色々と。

写真とか、アルバムとか
昔のスケッチブックとか
パリの蚤の市で買った激重皮コートとか。

主に思い出の品です。

なんとかせねばと思いつつ
一軒家に父一人暮らしなので

「置いといていいよー102.png」って言ってくれるので
甘えてしまっています。

皆さんは、実家に私物は残ってますか?

帰省の際にでも、少しづつ片付けていきましょうか。


と言うわけで(ここからが本題)

c0366058_00261912.jpg
ギター持って帰ってキターーーー!

ギターが我が家にやってきた〜
イエーイ106.png

ついでに楽譜も持って帰ってキター

早速子どもたちのおもちゃになってる笑

謎にテンション上がりまくりです。

集合住宅だしどこで練習すればいいんだろう。

夫曰く「河原へ」って、その方が迷惑ですから!

あ、でも今の私にはピアノという大事な存在が。
もうギターは弾けないかもっ。
だってだって
鍵盤に当たらないように深爪にしてるし。

あぁ困るー♡

とりあえず弦買ってこないと!

楽器があるだけでこんなに嬉しいとは。
久しぶりに会えた旧友の様。

あ、ちなみに高校でギター部だったのです。
ギター合奏。
なので「ちょっと弾いてみて!」と言われても
何も弾けないです。
おきまりの禁じられた遊びくらいか・・・

リクエストしないでね^^;


by yukai_dp | 2017-08-19 00:38 | 住まい&暮らし | Comments(0)

人生で大切なものって何だろう カーズ第1作目を観た

c0366058_19502060.jpg
今年の夏は映画館でカーズ・クロスロードを観て
家族みんな、カーズが好きになりました。
他のシリーズ作品を観てなかったので
このお盆に第1作目をレンタルして観てみたのですが・・・

ディズニーピクシーは裏切らないですね。

なんだか、ガツーンとやられたような
衝撃でした。

まだ観てない人もいるかもしれないから
ネタバレは避けますが

見終わって
人生において大切なものは何か、
忘れていたものを思い出させてもらった
ように思いました。

ラストのレースシーン。
とっても面白かった。

レースって自分との戦いなのかなって思いました。

主人公のライトニングは
傲慢で自信過剰で
負けず嫌いだけど
素直で、人の話しをとてもよく聞いてる。

魅力的です。

クロスロードを観て意味がわからなかった所が
第1作目を観たことでつながって
思い出してまた感動したり・・・
クロスロード観る前に一作目観るんだった!
と後悔しました。

で、上のイラストはドックハドソン。
息子が一番好きなキャラクター。
私はメーターかなぁ
やっぱりライトニングかな!

車に全く興味のない私ですが
ますますハマってしまったのでした。

by yukai_dp | 2017-08-14 19:49 | お気に入り | Comments(0)

諦めたくない時、押してダメなら引いてみる

自分が強くオススメするものを断られたら
どうしたらいいのでしょうかね。

とある人物に、とあるサービスを受けてもらいたいのだけど
本人の意思を確認する前に周りにいる人から断られてしまい
ちょっと途方に暮れている。

何もやらなければ何も変化しないし改善もされない。
そのサービスを受けたからと言って
何も失うものなどないのに・・・

なぜトライしない?

今日は一日
なぜなぜと批判したい気持ちがぐるぐる渦巻くなか
昔、私も人から強くオススメされたものを
かなり強めに断っていた事を思い出して
再び途方にくれることになったのでした。


15年ほど前。
私の母はパーキンソン病を患っていて
それを知った昔からの知り合いの人たちが
あれが良いこれが良いと
色々持ってきては話をしにやって来ました。

この水を飲めば元に戻るとか
この椅子に座ってるだけで良くなるとか
部屋の配置が悪くてこんな病気になってしまったとか

みんな心から心配して一生懸命説明していました。

母と一緒に説明を聞いていた私は
相当嫌な言い方で全てお断りして帰ってもらいました。
中には泣いてしまうおばちゃんもいましたが。
(証拠はあるの?って聞いただけなんだけど・・・)


その時の自分の心境は
知り合いであっても弱みに付け込むような人の話に
耳を貸す気持ちなんて1ミリもありませんでした。

かと言って、母の体の事を思って何か特別な事をしたのか?
と聞かれると、何もしなかったのです。
以前と同じように暮らすしかなかった。
変わってしまった事を受け入れたくなかったのかもしれません。

そんな昔のことを思い出してみると

私が今、強くオススメしたいサービスを断られた件も
納得せざるを得ないのです。

たとえ現状が良くはなくても
その状況に慣れている人たちにとっては
人からとやかく言われたくないのでしょう。

表立って問題が見えない今の静かな暮らしに
波風を立てられる事は面倒なことだし
不愉快なことなのかもしれません。

昔の自分がそうだったんだから
否定できない(悲)


さて、どうしたものでしょうか。。。

強く押してもダメなら引いて待ってみるしかありません。


長期戦になったとしても
私はこの件をどうしても諦めたくないのです。
(というかもうすでに随分長期戦なのだけど。)

この件がうまく行った暁には
このブログで詳細を書こう。
それで勇気付けられる人がきっといるはずだから。


c0366058_23181539.jpg
グリーンを見てちょっと落ち着こうか。



by yukai_dp | 2017-08-08 23:19 | 思うこと | Comments(0)

蝉の抜け殻のような仕事ぶり、とか? 切り絵コラージュ

c0366058_01314837.jpg
抜け殻というと
中身がなくなってぼぉっとした人を指す言葉として使われますが

実際に蝉の抜け殻をじっと見ていると
そんなぼんやりしたものの例えにするには
もったいないなと思えてきます。

中身はないけれどほぼそのままの姿、
細い足も足先の爪のようなものも
くっきりと残っている。

しかもどの蝉も脱皮する時の姿勢が同じ。

抜け殻の意味を
中身がなくなったことにフォーカスするんじゃなくて
精密さ・正確さ・礼儀正しさ、みたいな意味に使ったらいいのでは。
そうすれば蝉たちの脱ぎ上手さも
もう少し評価されるんじゃないか
なんて思う盛夏でありました。

でも脱ぎ上手はちょっとアレですかね(汗





by yukai_dp | 2017-08-08 01:33 | | Comments(0)

懐かしい人に手紙を出したくなる物語

c0366058_23461271.jpg
ここ数日、宮本輝の錦繍を読んでいる。
私が二十歳の頃に読んでいた本。

この小説はとある男女の手紙のやり取りで構成されています。
書簡体小説です。


昭和53年の作品だそうで
物語に出てくる人物像、時代背景など
昭和を思わせるものばかりで・・・


違和感を感じる表現もあるし
なかなかありえない設定なんだけど

そのありえなさ具合に夢見ているのかもしれない。

懐かしい人に手紙を書きたくなるのです。

手紙を受け取って、喜んだり動揺したり自分なりに答えを導き出そうとする
主人公たちと同じように
私も心揺さぶられております。

今まで何回か読んできたけれど、何度も震える。


アァ!生きるってなんと切ないのだろう145.png



そろそろ新しい物語を読んだらいいのになぁ自分。


まともなレビューにもなりませんでしたが
今読んでる本の話でした。




by yukai_dp | 2017-08-02 23:47 | 思うこと | Comments(0)


男の子2人の育児の合間に作品制作 【手製本・切り絵コラージュ・イラスト】そのほか、暮らしを愉しみたい私の試行錯誤のキロク


by yukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

手製本

手づくり
住まい&暮らし
ガーデニング
食について
子育てのこと
お気に入り
思うこと
お出かけ
お知らせ

タグ

(117)
(102)
(80)
(68)
(57)
(49)
(45)
(40)
(34)
(21)
(11)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(5)
(5)

最新の記事

さよならのかわりに。送別会の..
at 2017-11-19 23:53
湯船に浸かってるみたいだ!小..
at 2017-11-18 16:34
秋の里山は色で溢れていた 里..
at 2017-11-17 00:00
こじんまりと御朱印帳をつくる..
at 2017-11-15 22:38
みんなで手作りするとなぜ楽し..
at 2017-11-14 00:13

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

最新のコメント

> ゆみさん 私の妄想..
by yukai_dp at 12:49
おはようございます。 ..
by ゆみ at 07:48
> hontokamiさ..
by yukai_dp at 00:43
がんばれ~~!小さいから..
by hontokami at 22:16
> acchi9tさん ..
by yukai_dp at 00:58

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
ハンドメイド

画像一覧