<   2015年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

簡単&美味しかった オススメ手づくりハム

さてさて、最近の私の関心事と言えば安全な食べ物を食べること。

わが家の長男はハーム・ウインナー大好き。
無塩せきハムやウインナーは普通のより高いから買うのにちょっと勇気がいるし
無塩せきであっても無添加ではない場合もある、との情報もチラホラ。

細々気にするのも面倒なので
手づくりハムに挑戦してみることにしました。


出来上がった手づくりハム、さっき昼ご飯に食べたんですけど
めっちゃフツーにハムの味でした。美味しかった〜
c0366058_13365981.jpg
手づくりハム de サンド(with 次男用うどん)

私は料理上手でもないし、自分の作るおかずが気に入らない事もよくあるのだけど
そんな私でも、簡単に出来ましたよ。イエイ!

ハムって作れるんだぁという感動でただ今盛り上がっています 笑


というわけで、ざっくり作り方を追って見てみましょう。


まずは、豚ロース塊に塩やハーブをすりこみます。
冷蔵庫で4晩寝かせる。こんな感じ↓
c0366058_13370103.jpg

塩を落とすため袋から取り出しざっと水洗い。
水気を切ったロース肉をラップでぴっちり包む。(ビニール袋がなかったので)
本当は輪ゴムで形を整えるのだけど、輪ゴムも切らしてたのでやらなかった。

この、ラップで包んだ状態のまま沸騰した湯に入れ、弱火で30分茹でる。
c0366058_13370424.jpg
30分経ったら、フタをしてそのまま一晩寝かせる。


で、一晩たったハムがこちら!
じゃん!普通に茹で豚?塩豚に見える。
c0366058_13370649.jpg

じゃ、さっそく切ってみよう。
c0366058_13370992.jpg
おぉ!ハムだハムだ。

着色料入れてませんので、こんな色♡

参考にしたレシピはもっとピンク色だったので
加熱し過ぎたのかも(ルクルーゼでやったから保温効果高すぎたかなぁ)

一枚ペロっと食べてみて、思わず笑ってしまいました。
だって「売ってるのと同じ味ー!」だったので。
めっちゃハムやわ〜。
塩加減、ちょっと塩っぱいけど、ハムの味〜

ひとしきり盛り上がりまして
早速ハムサンド作りましたよ。
c0366058_13371286.jpg
簡素なハムサンドなんですけどね^^; 私的にはご馳走です。
手づくりすれば単なるハムもご馳走になる^^

お味の方は、美味しかったですねー。
ハムの塩気がちょうどよくってペロっと食べてしまいました。


私が参考にしたのはこちら

Cpicon ずぼら技4連発!ジューシー豚ハム by トムラウシ

手間ではあるけど、やることは難しくないです。
オススメです〜




by yukai_dp | 2015-09-30 14:04 | 食について | Comments(0)

今日から私はイラストレーター&製本作家を名乗ります。どうぞよろしく!

c0366058_22460926.jpg
昨夜、ふと思った。

そうだ、私はこれからイラストレーターという肩書きを名乗ろう。
ついでに製本作家も名乗っておこう。

ずっと好きなことを仕事に(というか心から望む活動を)したいと思っていた。
自分が本当に好きな事ははっきりしていた。

絵を描く事、手づくりすることが好き。

それが仕事になるのかな?
人が望むものなんて描けるかな?いや、今はただ自分の思うままに描きたいのだ
と思ったり。


好きな事はわかっているのに仕事につなげられないし
いかに稼ぐかしか考えていない自分にうんざりした。


まるで不満だらけの人生とばかりの悩みよう。
いやいや、違うでしょ!?今までの人生振り返って
辛い事もあったけど、だいたい望んだ人生を歩んでいるんじゃないの?私。
憧れの職業、グラフィックデザインの仕事につけたこと。
遅かったけど結婚して望んだ通り二人の子を授かったこと。
専業主婦しながら絵を描いたり手づくりしたり、ピアノだって少しだけど練習したり。

なんと幸せなことか!

それなのに、今ある幸せをないがしろにして
この先どうやって稼ぐか???ばかり考えてた。
そんな自分に「バカモーン!」と言ってやりやくなったのです。

お金をどうやって稼ごうか?を考える前に
今ある幸せを大事にしなよ私。

私は常に自分に「ないもの」ばかり焦点を当てて生きてきたのだ。
不満ばかり口にしてたなって、思い出したのでした。


お金じゃない。自分がどう生きたいか、どうありたいか?
どうなんだ?と考えた時、
私は創作する人生でありたいと思った。
頭に思い浮かんだ絵を思ったように表現したいし
買えば済むものをあえて手づくりしたい。
暮らしの中で役に立つものを作って、それを眺めて使って満足したいのだ。

そんな自分でいるために、どうしたらいい?
日々描くだけだし作るだけ!それしかないって思った時

冒頭の「イラストレーターを名乗ろう、製本作家を名乗ろう」
が頭に浮かんだのでした。


人のお役に立てなければ、仕事にすることは出来ないので
自分の好きと世の中の人が求める物の接点を
これから探していこうと思う。

だけど今は自分の人生をどう生きるかを忘れないように
自分自身に言い聞かせていたい。

・・・

一夜明けて、Facebookを見たらあちこちで Super moon の文字が。
そうだったの?

どうやら私は満月の影響を受けたらしいです。
新しい事を始めるなら満月じゃなくて新月だったような???
まぁどっちでもいいか。

自分の活動の方向性が、月の明かりでくっきり見えたのかもしれません。

今日からこの肩書きで新しい自分がスタートしたのでした。




by yukai_dp | 2015-09-29 23:46 | 思うこと | Comments(0)

ボンドで作るカード入れ 使いやすい手帳型

私が通う製本教室では本ばかりではなく、カード入れも作ります。
この間、初めて作りましたよ。
c0366058_11385127.jpg
紙と布とボンドを使って作るので
やっていることはカルトナージュに近いのかもしれません。

c0366058_11390390.jpg
c0366058_11390754.jpg
布は先生が用意してくださったもの。

この絵柄はランプシェードなのだけど、ホウキにも見えるよね?と論議になった。
確かに見える。
でもモダンでカワイイ。北欧の匂いがするね。


c0366058_11391092.jpg
カードを入れるポケットは左右に4つずつ。
左右のカード入れの下に大きなポケットもある。

私が持っているお薬手帳はサイズがピッタリすぎて入らなかった。
片方の表紙だけ差し込んで、挟んで持ち歩いている。

このカード入れは、主に病院用。
ほとんど行ってない病院のカードばかりなんだけど
接骨院、眼科、婦人科、耳鼻科・・・
また行くかもしれないと思って捨てられずにいます。

思えば私はもう一つカード入れを持っている。
お店のポイントカード、図書館のカード、予備のクレジットカード・・・

カードって溜まっていきますね!?

何だかイヤになってきたので、ちょっと思い切った感じで処分しようと思います。


カード入れを作ってルン♪となる予定が
最後は大量のカードに嫌気がさしてしまった(゚Д゚)


しかし、このカード入れ使いやすいんですよ〜♪

気分がしらけちゃったけど、これは本当。



by yukai_dp | 2015-09-29 11:58 | 手づくり | Comments(0)

子どもの作品を一冊に収める

幼稚園に通っている息子の、年少さんの時の作品を一冊にまとめました。
c0366058_23071281.jpg
折り本(ジャバラ)仕様。


子どもの作品はいつか処分するのだとは思うけど
やっぱり捨てられないのですよね。

年少さんだし、特に息子はお絵描きがあまり好きではないので
傑作な絵がそろってる!わけでもないのだけど
やっぱり記念にとっておきたいのです。

c0366058_23071799.jpg

傑作ではない分?!遠慮なく作品を切り貼りして(切ってもいいか?と息子に確認)
ジャバラの折り本に貼っていきました。

一枚の絵でわりと広範囲にしっかり描けている絵は
そのまま折り本の1ページとして使い

後から取り出して見たい作品は、貼付けずに
本に切り込みを入れてポケットを作り、入れてあります。

・・・

ちなみに、幼稚園では年少さん最後の日に
大きな袋に入れて作品を持ち帰ります。
どこも一緒かな?

ずーっと入れっぱなしだったわが家(これも一緒かな^^;)
やっとスッキリ片付きました。


c0366058_23072020.jpg
今後、子どもの作品は現物を残しておく事は難しくなっていくので
写真に撮るのが一番良いのだろうと思いつつ

最初の記念に作品集としました。


本なので、パラパラと見返しやすいのがお気に入りです。





by yukai_dp | 2015-09-28 23:21 | 手製本 | Comments(0)

自分で「やりたい!」と思った時、人は行動に移せる。他人からの情報を得ただけでは行動に移せない

食の安全について、ここのところずっと考えている。

なぜ添加物がたくさん入った食品を買い続けてきたのだろう?

なぜ、安全な食生活をしよう!と行動に移せなかったんだろう。

という事を考えてみた。


そして気づいたこと。



自分で「やりたい!」と思った時、人は行動に移せるけど

他人からの情報を得ただけでは行動に移せない。



人が動く時って、自発的に「やろう!」と思った事だけなんじゃないかな

と思った。

他人からとやかく言われただけでは、自分自身で納得してないから

動けないし、やった所でやらされてる感があるから身になっていかないのでは?

と思った。


人間自分の身になって考えないと危機感も湧かないし

「へぇ~そうか」で終わりなんじゃないかな。


行動に移せない理由は他にも細かくあると思う。

たとえば、お金の問題、面倒とか

でも基本は他人事としてしか捉えられないからなんだと思う。



私もまさに他人事としてしか、考えていなかったんですよね。


食品添加物は体に良くないと知っていたし

日本で許可されている添加物が欧米では禁止されている物が多数ある

ということも知っていた。


それなのに「へぇ~そうか」で終わり。

全く取り入れなかったわけじゃない。

マーガリンをやめてバターにしたとか、一応?ほそぼそとやってたけど、まぁその程度。


そんな中、とても良いタイミングで、安全な食生活を実践している友人に出会い

(しかも前々から知ってる人だった)良い影響を受けまして。


自分の家族のこと、自分の体の事を考えたら

今まで得た情報を聞き流す事は出来ないなって思った。

だから「よし、自分もやってみよう!」と思えた。


ここでやっと、自分の事として頭で考えてたから

「行動しよう!」に繋がったんだと思う。



・・・


ここ数日、こういう事を考えていたのだけど、その間

今まで見ようとしなかった

認めたくない自分の姿もたくさん見えてきました。


社会問題は他人事のようにとらえてたな、とか

危機感なかったな、自分だけは大丈夫と思ってたな、とか

自分がやりたいこと、ちっとも行動に移さないよね、とか

問題が起こるとすぐ自分以外のせいにしてたな、とか

自分が悪いと認めたくない時は言い訳ばかりだったな、とか


正直、自分のこともうちょっとマシな人間だと思ってた。


でも、こんな思考じゃぁね、こんなもんだよね、と

妙に納得もするのでした。


急に事実がバーンと見えた、といった感じだなぁ。



そんなわけで

頭の中はオーバーヒートのような状態になっています。



というわけで、まとめますと。


何かやりたいけど、やれないな~と思うことがあったら

自分の事に置き換えて考えてみる。


そして自分が出来る事で、小さな一歩を踏み出そう!

c0366058_23535151.jpg




by yukai_dp | 2015-09-26 23:57 | 思うこと | Comments(0)

安全な食について考える。まず、私たちが最初にすること

静岡県掛川市で開催された「Bio Festa Kakegawa」という

安全な食べ物について考えることをテーマにしたイベントに行ってきました。

c0366058_23573190.jpg


無農薬・化学肥料・添加物を使わない

野菜や食べ物などを販売するブースがたくさん。


私たち家族はブリキのバケツを最初に買ったのを皮切りに

欲しかった野菜や果物を購入。

アジアン料理や米粉スイーツなどなど

買って食べて、大変満足して帰ってきました。


・・・


で、夕飯に買ってきたオクラを茹でてかつお節&醤油で食べたのだけど

もうあまりの美味しさに絶句でした。

「何、このうまさ。信じられない・・・」といった感じ。


その後、野菜の美味しさに衝撃を受けた私たちは

このまま「イベント楽しかったね~」はい終了!

終わらせてはいけないよね!?というわけで家族会議に突入。


わが家の食費のこと。

これからどうやって安全な食を取り入れていけばいいか

お金のこと、気持ち的なこと、色々話し合いました。


そしてわかったこと。


安全な食を実際の生活に取り入れるために

私たちが最初にすること。

それは


まずは知ること。


今食べている物の害を知ること。


とっても当たり前のことです。

よく聞く言葉です。

でもこれが一番、大事なことだなって改めて思いました。

だって知ってないとその後の行動に繋がらない。

自分自身そうだったから断言できるのだけどね。




そして、小さな一歩でも出来ることをしよう


ジャンクな食べ物でも食べる頻度を下げることなら可能だし

そもそもウインナーやハムを使わない食事作り(特にお弁当)が出来るようになればいい。

(簡単に言ってるけど、お弁当苦手だ--;)


そして、野菜!本当に美味しかったんです。

なので無農薬の野菜を購入できる店を探そうという話にもなって・・・


せっかく今回のきっかけで色んな事に気づけたわけだし

食生活を変えて行きたいなって自然に思いました。



イベントで何よりも嬉しかったのが

買い物のストレスがなかったこと。

出展されてるブースで買うものは安全な物だという前提。

こんな安心感、近くのスーパーではないよねぇ。



始まったばかりの脱ジャンクフードな生活。

家族や自分自身の健康のためにも続けていきたいな~と思っています。



Bio Festa Kakegawa →HP


by yukai_dp | 2015-09-24 12:45 | 食について | Comments(0)

4歳の子も充分楽しめました 登呂遺跡・芹沢銈介美術館

シルバーウィーク、お出かけしてますか?


わが家は近場を巡る旅、と題しまして

静岡市中心部から車で15分ほどにあります

登呂遺跡と芹沢銈介美術館に行ってきました。


ここは静岡に越してきた頃からずーっと行きたいと思っていた場所。

4歳の子ども、夫はまーったく興味なしと言うので

楽しめるか心配してたのだけど、実際訪れてみて

家族みんなとっても満足して帰ってきました。



まずは登呂博物館へ。

1F部分は無料、2F展示物は有料とのことで

まずは1Fの弥生体験展示室へ。


発掘された土器を再現したものが展示されていました。

洒落てる~~~

c0366058_23470585.jpg

弥生時代の竪穴式住居が再現されていました。

中に入ることもできます。

c0366058_23471152.jpg


他には当時使われていた小舟や火おこしの道具

釘を使わずに組み立てる木材や田植えなど。

c0366058_23471536.jpg

実際に手に取って体験できるところが

4歳の子でも楽しめたところ。


大人であっても古代の人々の暮らしというのは興味津々。


竪穴式住居の中にいると、当時どんな暮らしが繰り広げられていたのか

想像せずにはいられなかったな。



さて、外へ出まして、復元された遺跡を見に行きます。

c0366058_23472309.jpg

中に入ると、昔の土間みたいでしたが

当時の人にとってはキッチン兼リビング兼寝室なのですよねぇ。


実際に溝があった跡をそのまま生かしてあるそうです。



ところで、登呂遺跡のすごい所。


博物館の1F部分にせよ、外の遺跡にせよ

全て無料で楽しめるんです。


高い塀も柵もなく、住宅地の中に突如現れる遺跡。


登呂遺跡のバス停が遺跡の近くにあるので

バスから降りたお客さん達が歩道を通らず

また正式な入口を通らずに、いきなり遺跡へと歩いて行けるのです。


登呂遺跡の周囲に設けられた歩道ではジョギングをする人の姿もあり

大げさに観光地になってないのんびりした雰囲気が静岡っぽいな

と思いました(笑)



弥生時代の水田が復元されて稲や麦が育っていましたよ。

c0366058_23472744.jpg

かかし、もいた。(ちょっと怖い)



夫・私の共通の感想。

この外に復元されている遺跡の場の空気が良かったよね、

という事で一致しました。


少し緊張するような?何かがここに宿っているような

そんな感じを受けるのでした。

例えるなら伊勢神宮に行った時のあの緊張感のようなもの?

何だか心落ち着く「場」なのです。

癒しのスポットなのではないかなぁ。


と浸りながら遺跡部分はこれで終わり。




続いては同じ敷地内にある「芹沢銈介美術館」へ行きました。


ちょうど「暮らしを生きる文字」という展覧会をやっていまして

クイズラリーなんていうのもあったので、4歳の子と共に

美術館での過ごし方をレクチャーしつつ回ったのでした。

(内容を理解してなくても子どもに美術館を体験させてあげられて良かったな)


出入り口にて。

この美術館は展示物はもちろんのこと、建物がいい。

この空間にいられることが嬉しくなる、心地いい場でした。

c0366058_23473168.jpg
初の顔出し〜 はじめまして、yukaiです^^


パンフレット&クイズラリーでもらったおまけのハガキ。

c0366058_23473423.jpg



結局家族みんなが楽しんで、さらに普段は封印されている

何かを感じ、触れることが出来た今回の近場旅行。


遺跡に興味がなくても、小さな子ども連れでも楽しめますので

どこ行こ~とお悩みの方にはおすすめです。

(無料だしね!)



静岡市登呂博物館HP

静岡市駿河区登呂5丁目10番5号

tel 054-285-0476

開館時間 9時〜16時30分

休館日 月曜日、祝日・振替休日の翌日、年末年始


静岡市立芹沢銈介美術館HP

tel 054-282ー5522

開館時間 9時〜16時30分

休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始



注)駐車場400円でした


by yukai_dp | 2015-09-23 00:17 | お出かけ | Comments(0)

あおむし君と暮らす

夕飯に小松菜の煮浸しでも作ろ〜♪
と思い、冷蔵庫から小松菜を取り出した時のこと。

やや!?
c0366058_23083036.jpg
葉っぱに穴が空いているのを発見。

これは、ぜったいいるわ!
と思い、くまなく探してみました。


いましたいました。

あおむし君!

昔の私だったら「ギャー!虫がいたー!」と大騒ぎしてたと思う。
でも今は全く逆の反応

あぁ、良かった。この小松菜は安全だ

と思う自分になってました。

結婚し子どもを持ち、食事を作る係?になったことで
意識が変わってきたのだと思う。


そんなわけで、あおむし君どうしよーーと思いまして
このまま小松菜に滞在させてどうなっていくか観察することにしました。

食品トレーがあおむし君の新居。
それだけだと、ゴミと間違えそうなので
「あおむしの家」と名前もつけて。
c0366058_23222386.jpg

あおむしの家はテーブルの上に置いているので
ふと、思いついた時に「元気かな〜」とよく見ている。


毎日見ていると、あおむしにも生活サイクルがあるのがわかってきた。

朝になると、葉っぱの上にあがってきて
モゾモゾ活動(食事?)をしている。
c0366058_23101570.jpg
夜になると、葉っぱの下の方にもぐって
重なった葉っぱの隙間に入り込んで寝ているようだ。
c0366058_23221767.jpg
まるでお布団をかけて寝ているみたいに!

これが何ともかわいい姿なのだ。

体長5ミリくらいの小さなあおむしだけど
ちゃんとフンもするんです。当たり前だけど、黒いフンを見て驚いた!

4歳の長男も、あおむし君に夢中の様子。
最近、ちょうど絵本の「はらぺこあおむし」の歌をよく聴いていたので
なんともタイムリーなあおむしの到来だったのです。

夫もよく見ているようで
「あおむしの小松菜がしおれてるから、キャベツをあげた方がいいよね?」
とか言ってくるのには笑った。

こんな小さなあおむしだけど、わが家に来たのなら快適に過ごしてほしいのだ。

・・・

見つけた時はほんの5ミリほどの大きさのあおむしが
たった2日で1.5倍以上の大きさに変化していて驚いた。

このままチョウチョになるのか蛾になるのかわからない。
私は内心このままでいてほしかったりもする(笑)


そういえば、この間あげたキャベツ、あんまり食べてないようで
葉っぱに穴が空いてない・・・
まだ体は小さいから減り具合が見えないのか???
もしや農薬たっぷりついていたからか???

このキャベツは私たちがフツーに食べているもの。

この先、キャベツに穴があくのか、空かないのか
それもかなり気になるところであります。


by yukai_dp | 2015-09-22 00:10 | 住まい&暮らし | Comments(0)

「めぐり逢い」の絵

武満徹作曲の「めぐり逢い」という歌を知っていますか?

とっても良いうたなんです。
聴いたとたん大好きになってしまい
ヒマさえあればずーっと聴いています。

そんな「めぐり逢い」を聴きながら
絵を描きました。

まだ下書きだけど、歌の雰囲気に合うように仕上げたいなぁ。
手と手を合わせたかったのだけど
めぐり逢えた男女がまるで手遊びしてるみたいになってしまった。

せっせっせーのよいよいよい?
c0366058_01335548.jpg



by yukai_dp | 2015-09-19 13:48 | | Comments(0)

朝顔のグリーンカーテン 大反省会 2015

わが家の朝顔のグリーンカーテン、最終的にどうなったか…その後

c0366058_00585847.jpg

この通り、ツルは上の方には行ったんだけど

スッカスカのまま夏が終わってしまいました。


チーン・・・


何がいけなかったの~~


あとで調べてみてわかったことが色々ありました。


ネット情報をたよりにやってみたんだけど

色んな思い込みや勘違いがあった。


私は摘芯ばっかり気にしてたけど、それだけじゃなく、誘引も大切な要素だったんですね。

私の頭の中に、誘引の言葉はなかったです。


あぁ残念すぎるっ。


今回は順を追って反省してみたいと思います。

(長いです)



【種まき】

種に傷をつけてから、ポリポットに植えて発芽させる。

これはうまく出来た。注意するポイントがあるとすれば種に傷をつけるところかな。


(関連記事→【朝顔の育て方】梅雨入り後の種まき、まだ間に合った 



【双葉が開いたら鉢上げ】

双葉が開いたらポリポットを一段大きいものに植え替える。

ここでの注意は、双葉がしっかり開いてからポットのサイズを大きくすること。


★反省点

完全に開いてない双葉があったのだけど、一度に済ませたいと思って

双葉が完全に開いてない苗も植え替えたら、その後枯れてしまいました。


面倒くさがってはいけないです。


(関連記事→【朝顔の育て方】双葉が開いたら、大きめの鉢に植え替えよう



【定植】

ここでちょっと悩んだこと。

「本葉6枚で定植」と書いてあったのを参考にしてたら

ツルばっかり伸びて葉っぱが6枚にならない!

定植はいつやったらいいのだろ~&大雨が続いて作業できず

ただいたずらにベランダを眺める日々が続く。


★反省点

たぶん、ここが最初のつまづきかもしれない。

ツルだけはかなり勢いよく伸びていたので

さっさと定植してネットに絡ませた方がはやく上まで到達したんじゃないかな。

結局ツルが伸びすぎてたので絡まった所を切ってから定植しました。

(これがすでに摘心みたいになってたのかも)


(関連記事→【朝顔の育て方】本葉6枚で定植



【摘心】

摘心は3回すると脇目が伸びてフサフサに茂る。


★反省点

これが今回の失敗の最大の原因だと思う。

実際3回摘心しましたが、途中から成長がとまってしまって

天井までツルが伸びなかった。。。


ここで勘違いしちゃいけない大事なポイント


摘心は3回するのは正しかったのだけど

摘心はツルが上まで届いてからするべき


だったのです。


まず、主枝を上まで伸ばして、摘心。

すると脇目から子ツルが伸びてくるから、また摘心。

さらにそこから孫ツルが伸びてきたら、またまた摘心。


最終的には扇形になるように

ツルが伸びて行くように育てると良いそうです。


でも、それだけじゃなくって

ツルが伸びまくってしまい、スカスカな所があったら

ネットの升目を埋めていくようにツルを横に誘引するなどもアリ。

はたまた上までツルが伸びたら今度は下にツルを誘引とか。

さらにジグザグとツルを誘引する、など


要するに、摘心で脇目を増やすのは大事だけど

ネットの隙間をいかに埋めるかは誘引にかかっている

という事らしいのです。


摘心ばかりが大事なわけじゃなかったのです。


これが出来ていれば、わが家の朝顔たちも

もう少し活躍できたかもしれません。


(関連記事→【朝顔の育て方】摘心は3回しよう【朝顔の育て方】摘心2回目 失敗!?



【花の芽を摘む】

花が咲いてしまうと種を作ることに栄養が取られるそうなので

グリーンカーテンが出来るまでは花の芽は摘んだ方が良いそうです。


★反省点

私、ほぼ放置でした。これもツルが急に伸びなくなった原因かも。

ある時からパッタリツルが伸びなくなっておかしいな~と思ってたら

花も咲かなくなって、よ~く見てみたら既にたくさんの種が出来ていました。

種よりもカーテン作りに集中させなくてはいけなかったのでした。



【朝顔の品種】

わが家の朝顔の種は、空き地で自生してる朝顔の種をもらってきたものなので

品種がわからなかったのだけど

どうも日本朝顔だったようです。

葉っぱが小ぶりだし、午前中しか花咲かないし。


グリーンカーテンにするなら葉っぱが大きい西洋朝顔の方が向いているそうです。


来年、やるなら西洋朝顔にしたいのだけど、

せっかく種も取れたことなので、この種を使って再チャレンジしようかな。



・・・


朝顔初心者の私が恐れ多くも【朝顔の育て方】と題してお送りしてきましたが、

参考にしてくださった方には申し訳ない結果となってしまいました・・・


終わってみて思うのは

初めて一人で育ててみて、わからない事だらけでしたが

毎朝、朝顔チェックするのがスリリングで楽しかったですね。


何より芽が出た頃なんて可愛かったな~

って我が子のようだ。

また来年、育ててみたいし、一度でいいから

ふさふさのグリーンカーテンに仕立てたいなぁ~と思っています。


これにてわが家の朝顔の話はひとまず完結です。


お付き合いくださいまして

ありがとうございました056.gif



朝顔の育て方、参考になったサイトです↓


グリーンカーテンの作り方


スーモ 緑のカーテンQ&A


種まき初心者のガーデニング


by yukai_dp | 2015-09-18 09:25 | ガーデニング | Comments(0)


男の子2人の育児の合間に作品制作 【手製本・切り絵コラージュ・イラスト】そのほか、暮らしを愉しみたい私の試行錯誤のキロク


by yukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

手製本

手づくり
住まい&暮らし
ガーデニング
食について
子育てのこと
お気に入り
思うこと
お出かけ
お知らせ

タグ

(117)
(102)
(80)
(68)
(57)
(49)
(45)
(40)
(34)
(21)
(11)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(5)
(5)

最新の記事

さよならのかわりに。送別会の..
at 2017-11-19 23:53
湯船に浸かってるみたいだ!小..
at 2017-11-18 16:34
秋の里山は色で溢れていた 里..
at 2017-11-17 00:00
こじんまりと御朱印帳をつくる..
at 2017-11-15 22:38
みんなで手作りするとなぜ楽し..
at 2017-11-14 00:13

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

最新のコメント

> ゆみさん 私の妄想..
by yukai_dp at 12:49
おはようございます。 ..
by ゆみ at 07:48
> hontokamiさ..
by yukai_dp at 00:43
がんばれ~~!小さいから..
by hontokami at 22:16
> acchi9tさん ..
by yukai_dp at 00:58

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
ハンドメイド

画像一覧