カテゴリ:お出かけ( 52 )

Live report 〜believe in yourself〜 【私信】Tちゃん、お待たせしました。

行ってきました、永田ジョージ40th Birthday Live。

このブログに度々登場する我が友、Tちゃん。
今日はTちゃんへLIVEの報告記事です。

前回のライブレポートは単なる私の心情の変化を綴っただけの記事になってしまい
後悔しまくりだったので(その時の記事はこちら
今回はちゃんとセットリストつきです。(途中抜けてます)
ライブ中に感じた出演者のイラストも描きました。(あくまでもイメージ)

ではいきますよ。(多分すごく長くなる)


1曲目。
「Nightingale sang in Berkeley Square」
Triple Standardのアルバム「Second Encounter」より

美しかったです。ただただ、美しかった。
これは本当にピアノの音なのか?と
疑うほどに美しかったです。
アルバムの中でも好きな曲なので、生で聴けただけでもうワクワクでした。

この日の衣装はマントのようになびかせた
数字の模様のストールが印象的でした。
今まで辿ってきた人生に思いを馳せる・・・そんな衣装。
c0366058_01501594.jpg




「Recipe for Love」
Triple Standardのアルバム「Second Encounter」より

Tちゃんが教えてくれた
ハリー・コニック・ジュニアが歌うRecipe for Loveの動画。
あまりにもイッケメーン!すぎてちょっとクラクラしたけれど
「声は大ちゃんの方がいいから!」と。
本当その通りでした。あの声がね、いいのです。
わざとモジモジ歌う演出もあって、楽しいです。



「Something Stupid」
ジャズのスタンダードナンバー。

デュエットを生で観たの初めて。
見つめ合って歌う二人を見るのって結構ドキドキですね。
(それこそのぞき魔の世界ですわ)
ふたり、可愛かったです。



「Walk This Way
Aerosmith

ゲストヴォーカルのShihoさんがですね、
いつもステキなJazz menをぶった斬る!と笑
宣言されまして、ロックナンバーをリクエスト。
さらにロック的な行為としまして
「ベロ出し」「キツネみたいな手を出す」「アンプに足かけ」のミッション付き。

この日一番の魅せ場だったと思います笑
私も新しい一面を見たかったので、特にジョージさんのベロ出しには注目しましたよ。

結局ここで一番ロックだったのはShihoさんと大ちゃんでした。
っていうかShihoさんが!かっこよすぎて。
ハート鷲掴み♡でした。
c0366058_01501995.jpg

そして大ちゃん!あの装いでロックですから、ステキな違和感満載で笑
「笑」って書いてるけど、かっこよかったのですよー。
c0366058_01502271.jpg

ジョージさんと、ゲストギタリストの小沼ようすけさんは
ロックのミッションをスルっとすり抜けてしまった感じ。
というか、ロックをやらせても、
それぞれの個性が際立ってしまう・・・という事なのでしょうか!?

でもなぁ。もっとギンギンなトコロ、見たかったな。



「I won't Last A day Without you」
Carpenters

カーペンターズですから。これはTちゃんも好きでしょう?
この歌というだけでもイイのに、アレンジも素敵でした。
特にパーカッションの仙道さおりさんがイイのですよ。

仙道さおりさんを例えるなら、普段は物陰に隠れている精霊みたいな人!?
出番が来ると、(音が)自由に飛び跳ね、踊り舞うのです。
(音もご本人も)楽しいんだよなぁ。

c0366058_01502754.jpg

「Both side know」
Joni Mitchell

この歌の時、ライブ会場に風が吹いたように感じました。
波乗りギタリストの小沼ようすけさんの存在が
自然(nature)そのものだったのが印象的でした。

彼がギターを弾くと風が吹いて周りの葉がふわっと舞うのです。

変なこと言ってるわ〜とか思われそうだけど
私には見えたのです。

あそこに木みたいな人がいるなぁって。
茶化してると思われたくないのですが。。。

この歌でジョージさん、ウルっときてたようです。
c0366058_01503151.jpg

「いのちの歌」
竹内まりあ

この歌、ライブで聴くのは2回目。

前回のライブでの大ちゃんのMC
「歳を重ねていくと、”いのち”というものを無視できなくなる」
この言葉が思い出されて。
本当にそうだなぁって思ってたら涙溢れそうになり、びっくり・・・

生きるということ、ただそれだけで切ない。
そういうこと、考えさせられる歌。
Tちゃんの友人も号泣だったと。私も危なかった--;


誕生日は本人におめでとう!というよりも
産んでくれたお母さん、お父さんにありがとうをいう日だね、というMCがありまして。

ここでジョージさんのお父様が立ち上がって
会場の皆さんに深々とお辞儀をされたのでした。
故郷に錦を飾る、じゃないですが
ご両親を招待されて。こんな親孝行なことはないなって思いました。
感動の一場面でした。


「What a difference a day」
Triple Standardのアルバム「Second Encounter」より

ラストにふさわしい歌でした。
アルバムでも最終曲。ノリノリ♪



アンコール
「Happy Birthday to you」

ここで歌うこの歌がサプライズだったようです。
ジョージさんは司会進行もされているから
予想外の展開に放送事故か?とドキドキしながら聴いていたようです笑
司会者はツライよ!?

大ちゃんのハッピーバースディの歌声、甘かった〜〜
ふふふっ。これ女性に向けて歌ったら絶対メロメロになると思いますよ。
ねぇ?Tちゃん笑 

ところでメロメロの「メロ」ってなんだろうね?


「Smile」
チャーリー・チャップリン

永田ジョージさんファンになるきっかけの歌ですよ。
この歌いいのです。
下手な言葉であんまり語りたくない笑

この日は小沼ようすけさんのギターで始まったSmile。
素晴らしかったです。

というわけで、以上 私目線の各曲の解説でした。

抜けてる曲があるのは、曲名がわからなかったためです。
残念。


・・・


さてさて、今回わざわざ東京までLIVEを観に行った理由は幾つかあります。
土曜日だった事
昼間のライブだった事
バースデーライブという滅多にない機会であった事
これにプラスして
このライブ会場で聴きたいと思ったから。

会場は渋谷セルリアンタワー東急ホテルにある【JZ Brat】

私のお気に入りライブ動画の会場もJZ Brat。
他のアーティストのお気に入りライブ動画の会場もJZ Brat。
一度は行ってみたい歌の祭典、ヴォーカル・クロッシングの会場もJZ Brat。


もうね、どんだけ良質な音楽を生産する気やのJZ Bratさんは。
ってずーーーっと思って観てましたよ。
きっとここに行けば、素晴らしい音楽体験が出来るハズ!
と思って、このまたとない機会を逃してはいけない、と
当日、雪の予報でビビってましたが
雪に降られることもなく無事行ってきました。

見てください!これがJZ Bratです。
c0366058_00434742.jpg
もはや聖地・・・


ピアノの音がね、いつも聴いてるピアノの音とは全く違って聴こえましたよ。
他の楽器の音も、全ての音がバランスよく耳に飛び込んでくるみたいで。
スピーカーの問題かな?なんだろう、一つ一つの音がよく聴こえるのです。

一番いいなと思うのが
客席もアーティスト控え室も同じ空間にあるところ。
出番が来たら、客席の通路を通ってステージに上がるんです。
もうそれだけで、会場の空気が和む。
出演者と観客の一体感みたいなものを生むんだと思いました。
(こういう所、動画ではわからないよね)

段差がある所もドラマチックだし。
素晴らしい会場でした。


このバースデーライブ、終始アットホームな雰囲気で
初めての場所でもリラックスして過ごせました。
永田ジョージさんが持つ世界なのかなぁ?
なんだかね、あったかい世界でした。


以上、ライブレポ終わり。


■永田ジョージオフィシャルブログ →こちら

■永田ジョージ YouTubeチャンネル →こちら

■JZ Brat HP →こちら


永田ジョージって誰!?という方
こちらの動画でピアノを弾いてる人です。
ギター、小沼ようすけさん。
ヴォーカル、ギラジルカさん。


by yukai_dp | 2016-01-28 01:45 | お出かけ | Comments(0)

岡本太郎記念館へ 〜よし、駄目になってやろう〜

c0366058_00445002.jpg

岡本太郎記念館へ行ってきました。


ずっと行ってみたかった場所。

c0366058_00471788.jpg
c0366058_00473004.jpg
c0366058_00490612.jpg
c0366058_00500831.jpg



きっかけはこの本。

【自分の中に毒を持て ーあなたは”常識人間”を捨てられるかー】

を読んで。


自分の生き方、働き方にいまひとつ満足できず

でもどうしたらいいか

クヨクヨする日々が続いていた時

この本に出会った。


そして本文にあるこの言葉に衝撃を受けた。


ーーー

よし、駄目になってやろう


結果が不味くいこうがいくまいがかまわない。

むしろ、まずく行った方が面白いんだと考えて

自分の運命を賭けていけば、

いのちがパッと開くじゃないか。

ーーー

(岡本太郎著「自分の中に毒を持て」より一部抜粋)



びっくりした。

失敗したらどうしよう、失敗したくない、

そればかり考えていた私にとって

それでいい!と言われたのだから心底驚いた。


失敗してもいいんだって思ったら

気が楽になって肩の力がするっと抜けた。


今でも時々、不安に駆られると

「よし、失敗してやろう」

と自分に言い聞かせている。


うまくやろうとするな!


という太郎の言葉が

ウジウジした私にグサッと突き刺さるのでした。

c0366058_00511592.jpg


岡本太郎記念館。


庭が一番面白かったです。

c0366058_00423947.jpg

c0366058_00422937.jpg

TAROの庭にて。



■岡本太郎記念館→ HP


〒107-0062 東京都港区南青山6-1-19

TEL 03-3406-0801

10:00〜18:00



■岡本太郎著

「自分の中に毒を持て ーあなたは”常識人間”を捨てられるかー」→ Amazon




by yukai_dp | 2016-01-27 00:59 | お出かけ情報 | Comments(0)

藤沢でオススメのネイルサロン【プールヴー】 〜believe in my friend〜

突然ですが・・・私、人生初・ネイルサロンに行ってきました。


場所は、なんと神奈川県藤沢市。


JR藤沢駅から徒歩4分で行ける

ネイルサロンPour Vous【プールヴー】


いきなりですが、仕上がり写真です!

ジャン!

c0366058_00161642.jpg

どうですか~~。

あまりにもさりげなさ過ぎるデザイン。私らしいでしょ笑

爪は深爪くらいが好きなのでこんな短い爪ですが、

最近では「チビ爪」が流行りだとのこと。


40歳にして初体験のネイルだったので

勝手がわからず、言われるがままに手を差し出し

何やら乾燥機っぽい小型機の穴の中に手を入れてきました(どんな説明やっ笑)

c0366058_00205781.jpg

初めてのネイルサロンはとっても居心地が良かった。

ふっかふかのソファに座りながら、手元をお手入れしてもらえる。。。

この状況だけでも優雅というもの。


店内には大型モニタに映画の映像のみが流れていて。。。

静かにリラックスした時間を過ごしました。


そして、仕上がった爪を見てうっとり♪

用事もないのに手ばっかり眺めて、またうっとり♪

c0366058_01200384.jpg

私の手って大きくてごっついんですけど

そんな私の手でも可愛げを取り戻しましたよ。


藤沢近郊にお住まいの方々、【プールヴー】オススメです。


■ネイルサロン【プールヴー】

 →HP

 →ブログ


・・・



さて、今回なぜ藤沢市のネイルサロンかと言いますと

私の友達Aちゃんがこのお店のオーナーなのです。

そしてお店オープン時に、ロゴ・名刺・DMなど私がデザインをお手伝いさせてもらったのです。


仕事の事はずっとメールや電話でやり取りしてきたのだけど

一度でいいからお店に行ってみたいなぁと思っていました。


で、オープンから約3年経った今年、やっと再会&お店でネイル体験が実現したのです。


Aちゃんとは大人になってから知り合った人。

お互い住む地域が離れているので会ってきた回数は他の友人より少ない。


大人になってからの友達だし、お互い似た者同士でもないのだけど、

どこか話が合うっていうか、一緒にいて楽しい

深くつながれる友人なのです。



Aちゃんとは今回会うのは実に8年ぶり・・・。

会えなかったこの8年。


ネイルの学校に行っているという話は聞いていたし

自分のお店を持ちたいという話も聞いていた。

そして、本当に自分のお店をオープンさせたAちゃん。

目標を掲げる人は多いけれど

本当に達成させられる人はごく少数。

すごいことです。


でもAちゃんにしたらお店を持つことは

叶うか叶わないかの夢物語ではなく

確実に到達すべき地点だったのだよね。


そんな大事なお店の印刷物を私に任せてくれると聞いた時は、びっくりしたなぁ。

だって私が”どんな”デザインをするか、Aちゃんは知らないのですよ。

それなのに、いきなり全てを任せてくれたのです。


なんでそんな全面的に信頼してくれるのか???

私にはわからなかった。

でも、信じてくれるなら一生懸命がんばろうと思った。



友達って過ごしてきた時間じゃないんだなって

つくづく思うのでした。


ひさびさに会えて、改めて思ったな・・・。


c0366058_01252268.jpg

今回、初めてお店に行けた私。

日帰り弾丸旅行だったこともあり、予定が立て込んでいたので

会って早々、ネイルをお願いして、

今度は電車の時間があるからと大急ぎでランチを食べて。

早歩きで藤沢駅まで送ってもらって

最後、改札でハグじゃなくて握手をして別れました。


泣きそう、いや、電車の中でちょっと泣きました。


今は忙しいし大変だろうけど

顔を見たらシアワセそうだったから。

良かったなって。

嬉しかったのです。


細かく聞いてはいないけど

もしかしたら問題はまだまだあるのかもしれないけど

シアワセよね。それも含めて、シアワセってこう言う事だって私は思いました。


何も心配ごとのない世界だけがシアワセとは言わないよね。


最後に握手した時のAちゃんの手があったかかったのが

また嬉しかったのでした。


という訳で、ネイルサロン【プールヴー】一度足を運んでみてください^^

Aちゃんが優しく話しを聞いてくれて

あったかい手で美のサポートをしてくれます。



■ネイルサロン【プールヴー】

 →HP

 →ブログ



by yukai_dp | 2016-01-26 01:31 | お出かけ情報 | Comments(0)

駿府城公園、春もいいけど秋もいい

今日、久しぶりに駿府城公園に行ってきました。毎年花見のシーズンには必ず行くのだけど、秋冬の駿府城公園ははじめて。

紅葉した色とりどりの枯れ葉の中に桜の木の黒い幹がアクセントになって、秋の情緒が溢れていました。


c0366058_23301122.jpg

陽がさすと一気に鮮やかさを増す落ち葉。



c0366058_23301468.jpg

松ぼっくりがあったとさ。



c0366058_23301791.jpg

黄色い絨毯




秋は良いですねぇ。




駿府城公園 HP



by yukai_dp | 2015-11-17 23:32 | お出かけ情報 | Comments(0)

音楽を巡る旅 Second Encounter Live in浜松

行ってきました浜松のJAZZ BAR ハァーミットドルフィンにて行われた

Second Encounterのライブ。

c0366058_03214115.jpeg


まだ眠りたくない、購入したCDを聴いていたいので

誰のためになるかわかりませんがLIVEレポを書こうと思います。


まず、Second Encounterとは。

ギター鈴木直人、ヴォーカル伊藤大輔、piano永田ジョージの三人のユニット。

(まだバンドの正式名はないそうで現在お名前募集中だそうです)



c0366058_02291323.jpg

今回2枚目のアルバムのリリースツアーという事で全国を回る彼ら。


ライブレポと言っても、発売CDの曲は演奏せず

ほとんどが新曲を演奏してましたのでレポらしい事はかけませんが

ライブ中はメモなど取らず、ただただ音楽の波に漂い、酔いしれた夜でした。


いまCDを聴いて思い出されるのが

ルイ・アームストロングの「What a wonderful world」の歌の解説。

MCが漫談で面白かったのだけど(面白すぎる)

それでも熱くこみ上げてくるものがありました。

実際の演奏もヴォーカルの歌うこの部分


I see friends shaking hands.
Saying, “How do you do?”
They’re really saying,
“I love you”.

が胸にぐっとせまってくるのでした。


・・・


チャップリンのような滑稽さとスマートな伊達男ぶりが

マーブルに混ざった魅力のヴォーカル伊藤大輔さん。

惚れました。惚れるわ。いや、惚れなあかんやろー。

甘美な歌声。


どんなにおちゃらけても歌い出した瞬間にさっきまでの

ジョーダンなどどこかに吹き飛びます。

本当に実力がある人だから出来ることだなぁって思いながら聴き惚れてました。



ギター職人、鈴木直人さん。

どうしてあんなに美しい音を奏でられるのか。

目をつむって空想の世界に浸っていたい音楽。


真珠のようなキレイな音の玉をたくさんつくり出す人。



メランコリーなメロディを奏でるピアニスト、永田ジョージ大先生。

私はこの方のピアノだと何故か泣ける。

何故かわからないけど、どんどん入ってくるのです。

自分さえ知らなかった心の奥深くにピアノの音で触れてくる。

私は何度も泣き崩れそうになりましたよ。

一体どうなっているのか。自分でももうわかりません。


そういえば、隣に座ったマダムが色気があるピアノと表現していました。

色気ですか・・・おぉなるほど。



私がここまで彼らの音楽に興奮してしまうのは

長らく音楽を聴く事から遠ざかっていたからでしょう。

今までは適当にサントラとか聴いてたし

いやむしろ音が耳に入る事がわずらわしく感じられて

音のない生活をしていました。


が!今夜、自分が帰ってきました。

Liveの間、生の音の中にいられる幸せを噛み締めていました。

本当に、幸せな夜でした。

自分の中の音楽が好きだった気持ちが完全に復活して

何かが解放されたような、体が軽くなるような宙に浮かぶような。


しばっていたつもりはないけど

自分が解放されていくのがわかって

嬉しくてLiveの間、ずっと笑っていました。

自然と笑みがこぼれてしまうのでした。



と!いうわけでJAZZに興味のある方、オススメです。

ってそもそも私の友達が伊藤大輔さんの大ファンで

私もオススメされた側なんですけどね。


すっかりハマっております。

Tちゃん、ありがとう。


■永田ジョージオフィシャルブログ




今夜のLIVEで私の両隣に座っていた

アートなマダムと、JAZZ好き知的マダム。ありがとうございました。

お互い知らない者同士なのに

音楽という一つの共通キーワードで話が弾んで楽しかった!


CDにサインもらったら?とか、写真一緒に撮ってもらったら?と

言ってもらえてミーハー心に火がつきましてちゃっかりサイン&写真をGet。

サインってはじめてもらったのだけど、嬉しいものですねー。夢じゃなかったと思い出せるっ。




LIVE終了後、新幹線の浜松駅の改札越えて階段を上がったところにある

YAMAHAのサイレントピアノ(自由に弾ける)で何となく”SMILE”の音を拾って

ライブの余韻に浸って帰りました。

c0366058_02291600.jpg
心の栄養は満タンに入りましたので
また明日からがんばります。不満なんて一切ありません。はぁー幸せです。


浜松でJAZZ LIVEを聴きたい方は是非
「JAZZ BAR ハァーミットドルフィン」オススメです。
マスターが森本レオみたいないい味した方で、JAZZ初心者の私でも居心地よかったです。

■JAZZ BAR ハァーミットドルフィン HP




by yukai_dp | 2015-11-07 03:01 | お出かけ | Comments(0)

静岡市美術館 絵本の原画展に行ってきました

c0366058_23243258.jpg

静岡市美術館で開催中の


ちひろ美術館 世界の絵本原画コレクション展

絵本をひらくと


に行ってきました。


絵本というだけあって親子連れがたくさん。

原画の近くに絵本も置いてあって

見比べてみたり。なかなか自由な展覧会でした。

絵本を自由に読める「本の森」というコーナーもあって

そこだけ児童館っぽくなっててびっくり。

まさに子連れで楽しめる展覧会!



絵や絵本の展示と共に

それぞれの作家の制作において大事にしている言葉が

あちこちに吊るされてました。


絵を描くことを生業にしている人の心の中の出発点

みたいなものがわかって、迷える私にとっては

また一つ制作への道への灯りを得たような感覚になりました。


まどろっこしい言い方になったけど

要はどこから始まってもいいということ。

理屈はあってもいいけどなくてもいいし、

ハチャメチャなくらい自由な気持ちくらいでちょうど良いのかも。

と思ってみたり。

絵本って天真爛漫なんだな。



海外の作家さんの絵より

日本人の作家さんの方がのびのびした絵を描いてるようにも見えたな。


はらぺこあおむしのエリック・カールは別だけど!

あの絵の楽しさは手作りの(!)折り紙を切り貼りしてある所にあると判明。

手作り折り紙、楽しそう

 


・・・



パンフレットからの紹介だけど以下主な作家さん。


赤羽 末吉

絵本「スーホの白い馬」の原画も展示してあって

飛ぶように駆け抜ける馬の絵が良かったな。


顔の表情がなんともいい。

c0366058_23243983.jpg


長 新太

長さんの絵本はママ友の間でも人気。

私も大好きだ。「だっこだっこねえだっこ」が好き。

展示はないですが。

c0366058_23244101.jpg



荒井 良二

なんともリラックスした絵。

どんな音楽でみんな踊っているんだろ。

c0366058_23244349.jpg

荒井さんといえば、ひたすらグリーンの世界「森の絵本」が好きです。

これも展示はなかったけど。



スズキコージ

やまのディスコティック!

c0366058_23244690.jpg

この絵の前で、年配の女性が「理解に苦しむ」と言ってて驚いた。

人それぞれですが、私はこの絵を見てすっごく共感したなぁ。

そうそう、音楽に合わせて自由に踊る気持ち良さ、最高だよね!



一番メインの いわさきちひろの展示は

今回はサラっと流して帰ってきてしまいました。





子どもたちがにアートに触れるいい機会ですね。

親子連れで行くのが楽しいと思います!オススメ。

11月23日まで開催してるそうです。



静岡市美術館(HP


静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3F

tel 054-273-1515(代表)



by yukai_dp | 2015-10-21 23:42 | お出かけ情報 | Comments(0)

林の中の手創り市 ART&CRAFT SHIZUOKA

c0366058_23570875.jpg
印象に残った商品たち。どれもステキでした。


静岡市の護国神社で開催している
手創り市 ART&CRAFT SHIZUOKA に遊びに行ってきました。

神社敷地内の林の小径の中でのマーケットなので
リフレッシュ&ショッピングが同時に楽しめてしまうマーケット。

自然豊かなので、曇りだとちょっと暗がりっぽくなるけど
灯りがあるお店もあって
それもまた雰囲気あって良かったです。


さて、こんなもの買ってきました。
c0366058_00050186.jpg
ちょっと渋めのマグカップ。
こういうの欲しかったので思い切って買ってしまいました。
私の分だけ・笑

(作家 Natsuki Ogura)


写真の上の落花生の模様の紙。
ここの和紙のデザインがかなりカワイイくって
大人買いしたかったー。
私がつくりたいと思っている包装紙にも通じるデザイン。
よい刺激をいただいて創作意欲が湧いてきました。
この紙を使って、ノート作りますよ。

juraku-sha HP


マグカップの下の黒い物体。
これは重しなのです。
お店で見た時、なんだか妙に気になってしまい購入。
ゴマプリンみたいな姿で不思議な存在感。

(作家 鳥居 明生


他にも面白い雑貨や個性豊かな小物があって
どれもこれも欲しくなってしまい困ってしまった。


小枝にマグネットがついているカードスタンドとか。
あれ、忘れられない。。。




手創り市は明日も開催。
連休のお出かけにオススメです。

と言いたいけれど明日は雨。。。



手創り市 ART&CRAFT SHIZUOKA →HP

by yukai_dp | 2015-10-11 00:32 | お出かけ情報 | Comments(0)

4歳の子も充分楽しめました 登呂遺跡・芹沢銈介美術館

シルバーウィーク、お出かけしてますか?


わが家は近場を巡る旅、と題しまして

静岡市中心部から車で15分ほどにあります

登呂遺跡と芹沢銈介美術館に行ってきました。


ここは静岡に越してきた頃からずーっと行きたいと思っていた場所。

4歳の子ども、夫はまーったく興味なしと言うので

楽しめるか心配してたのだけど、実際訪れてみて

家族みんなとっても満足して帰ってきました。



まずは登呂博物館へ。

1F部分は無料、2F展示物は有料とのことで

まずは1Fの弥生体験展示室へ。


発掘された土器を再現したものが展示されていました。

洒落てる~~~

c0366058_23470585.jpg

弥生時代の竪穴式住居が再現されていました。

中に入ることもできます。

c0366058_23471152.jpg


他には当時使われていた小舟や火おこしの道具

釘を使わずに組み立てる木材や田植えなど。

c0366058_23471536.jpg

実際に手に取って体験できるところが

4歳の子でも楽しめたところ。


大人であっても古代の人々の暮らしというのは興味津々。


竪穴式住居の中にいると、当時どんな暮らしが繰り広げられていたのか

想像せずにはいられなかったな。



さて、外へ出まして、復元された遺跡を見に行きます。

c0366058_23472309.jpg

中に入ると、昔の土間みたいでしたが

当時の人にとってはキッチン兼リビング兼寝室なのですよねぇ。


実際に溝があった跡をそのまま生かしてあるそうです。



ところで、登呂遺跡のすごい所。


博物館の1F部分にせよ、外の遺跡にせよ

全て無料で楽しめるんです。


高い塀も柵もなく、住宅地の中に突如現れる遺跡。


登呂遺跡のバス停が遺跡の近くにあるので

バスから降りたお客さん達が歩道を通らず

また正式な入口を通らずに、いきなり遺跡へと歩いて行けるのです。


登呂遺跡の周囲に設けられた歩道ではジョギングをする人の姿もあり

大げさに観光地になってないのんびりした雰囲気が静岡っぽいな

と思いました(笑)



弥生時代の水田が復元されて稲や麦が育っていましたよ。

c0366058_23472744.jpg

かかし、もいた。(ちょっと怖い)



夫・私の共通の感想。

この外に復元されている遺跡の場の空気が良かったよね、

という事で一致しました。


少し緊張するような?何かがここに宿っているような

そんな感じを受けるのでした。

例えるなら伊勢神宮に行った時のあの緊張感のようなもの?

何だか心落ち着く「場」なのです。

癒しのスポットなのではないかなぁ。


と浸りながら遺跡部分はこれで終わり。




続いては同じ敷地内にある「芹沢銈介美術館」へ行きました。


ちょうど「暮らしを生きる文字」という展覧会をやっていまして

クイズラリーなんていうのもあったので、4歳の子と共に

美術館での過ごし方をレクチャーしつつ回ったのでした。

(内容を理解してなくても子どもに美術館を体験させてあげられて良かったな)


出入り口にて。

この美術館は展示物はもちろんのこと、建物がいい。

この空間にいられることが嬉しくなる、心地いい場でした。

c0366058_23473168.jpg
初の顔出し〜 はじめまして、yukaiです^^


パンフレット&クイズラリーでもらったおまけのハガキ。

c0366058_23473423.jpg



結局家族みんなが楽しんで、さらに普段は封印されている

何かを感じ、触れることが出来た今回の近場旅行。


遺跡に興味がなくても、小さな子ども連れでも楽しめますので

どこ行こ~とお悩みの方にはおすすめです。

(無料だしね!)



静岡市登呂博物館HP

静岡市駿河区登呂5丁目10番5号

tel 054-285-0476

開館時間 9時〜16時30分

休館日 月曜日、祝日・振替休日の翌日、年末年始


静岡市立芹沢銈介美術館HP

tel 054-282ー5522

開館時間 9時〜16時30分

休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始



注)駐車場400円でした


by yukai_dp | 2015-09-23 00:17 | お出かけ情報 | Comments(0)

静岡市の雑貨屋 三保原屋LOFT のカゴセレクトがステキ

今日は静岡市両替町にある「三保原屋LOFT」に行ってきました。
北欧雑貨、作家さんによる陶器類、ステキ文房具などなど
取り扱っているお店です。
置いてある物もいいけど、空間がいいんだな。


何を買うでもなく見るだけだったけど、
久しぶりに素敵な雑貨を見てきて
こういう時間って必要だわ!と改めて思うのでした。

満たされたぁ〜

店内にはカゴが沢山ありましたよ。
何を入れるかわからないけど、アフリカンなカゴが欲しい!
他にも市場カゴとか、普通のカゴとか。

見てるだけで、ウキウキするカゴ達でした。
c0366058_00004789.jpg
三保原屋LOFT → お店HP




にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村
by yukai_dp | 2015-08-25 00:03 | お出かけ情報 | Comments(0)

静岡市の紙屋さん Teepee(ティピー)

手づくり市に出展するぞ!と決めて
まずは試作品を作らなくっちゃというわけで
紙屋さんに行ってきました。

静岡市駿河区にあります
紙の専門店 paper shop Teepee(ティピー)

こちらのお店は問屋直営の紙屋さんなので
紙の種類が豊富で、見ていて飽きなかった〜

紙の種類は和紙や輸入紙もあって、素敵なのが沢山♡

スクラップブッキング、カルトナージュ、結婚式の招待状などの
材料が豊富でしたよ。

試作品のため、色々な紙を買ってきまして
ペンや鉛筆の書き心地やら、使い心地やらを
検討しようと思います082.gif

c0366058_22262336.jpg
私はイタリアンペーパーとやらを買ってきました。
完全に私の趣味だけど!

Teepeeさん、オススメです〜!



それにしても、こちらのお店を見つけた時はびっくりしました。

昨日ウェブ検索で「紙屋さん」と入力したら
わりと近所のこのお店が見つかりまして
「おぉー!近所ラッキー」と喜んでました。

で、お店のブログを読んでいたら
どうやら私が出展したいと思っている「クリスマスフェスタ」に
出展したことがあることが判明しまして005.gif
「これは絶対いかなくっちゃ!」
という訳で行ってきたのでした。

お店の方に紙の厚さや質感など相談に乗ってもらいました。
ついでにクリスマスフェスタに出たい話もしたり。
やってみたらいいですよ〜043.gifと言ってもらえまして
背中を押してもらえて嬉しかったな。

Teepeeさんは今年も出展されるそうですよ。
あぁ〜楽しみになってきた^^


紙の専門店 paper shop Teepee(ティピー) →ブログ

by yukai_dp | 2015-08-16 22:55 | お出かけ情報 | Comments(0)


男の子2人の育児の合間に作品制作 【手製本・切り絵コラージュ・イラスト】そのほか、暮らしを愉しみたい私の試行錯誤のキロク


by yukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

手製本

手づくり
住まい&暮らし
ガーデニング
食について
子育てのこと
お気に入り
思うこと
お出かけ
お知らせ

タグ

(101)
(83)
(65)
(62)
(44)
(41)
(37)
(36)
(20)
(19)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)

最新の記事

オススメ!駿府城公園でホタル..
at 2017-05-28 00:35
水干絵具を初めて使ってみた。..
at 2017-05-27 00:24
男子より女子の方が文房具が好..
at 2017-05-22 22:49
静岡市よりみちマルシェ、明日..
at 2017-05-20 23:35
火曜日の日没後
at 2017-05-18 00:35

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

最新のコメント

> acchi9tさん ..
by yukai_dp at 00:58
こんにちは^ ^ ..
by acchi9t at 10:48
> ゆみさん こんばん..
by yukai_dp at 00:46
おはようございます。 ..
by ゆみ at 07:03
> ゆみさん そうなん..
by yukai_dp at 22:26

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
ハンドメイド

画像一覧