カテゴリ:お気に入り( 11 )

人生で大切なものって何だろう カーズ第1作目を観た

c0366058_19502060.jpg
今年の夏は映画館でカーズ・クロスロードを観て
家族みんな、カーズが好きになりました。
他のシリーズ作品を観てなかったので
このお盆に第1作目をレンタルして観てみたのですが・・・

ディズニーピクシーは裏切らないですね。

なんだか、ガツーンとやられたような
衝撃でした。

まだ観てない人もいるかもしれないから
ネタバレは避けますが

見終わって
人生において大切なものは何か、
忘れていたものを思い出させてもらった
ように思いました。

ラストのレースシーン。
とっても面白かった。

レースって自分との戦いなのかなって思いました。

主人公のライトニングは
傲慢で自信過剰で
負けず嫌いだけど
素直で、人の話しをとてもよく聞いてる。

魅力的です。

クロスロードを観て意味がわからなかった所が
第1作目を観たことでつながって
思い出してまた感動したり・・・
クロスロード観る前に一作目観るんだった!
と後悔しました。

で、上のイラストはドックハドソン。
息子が一番好きなキャラクター。
私はメーターかなぁ
やっぱりライトニングかな!

車に全く興味のない私ですが
ますますハマってしまったのでした。

by yukai_dp | 2017-08-14 19:49 | お気に入り | Comments(0)

展覧会の図録を思わず買ってしまった。アルバレス・ブラボ写真展

c0366058_00552522.jpg
もう終わってしまいましたが
静岡市美術館で開催されていた
「アルバレス・ブラボ写真展-メキシコ、静かなる光と時」
を見に行ってきました。

静かに、心打つ写真を見て
こういうのを待っていた!!!
と心の中で叫んでいました。


「多分、私は買うだろう・・・」
と半ば自己暗示をかけるように展示を見て
最後、やっぱり売店で買ってしまいました
展覧会図録。

c0366058_00552892.jpg


見えるものを写しながら
見えないものを指し示す


写真。
切り取られた場面の中のドラマを想像している・・・

いい時間を得ています。


それにしても
展覧会図録は、なぜにあんな安いのだろう。
すごく分厚くて、作品も満載なのに。
お得すぎる。


c0366058_00552962.jpg
最後、メキシコの帽子をかぶって
写真を撮るコーナーがあり、息子とパチリと。

珍しく二人で出かけたのでした。


もっと色々見たいな!






by yukai_dp | 2017-06-02 01:12 | お気に入り | Comments(0)

気持ちを後押ししてくれるものに出会った 香り&フォトブック

なんとなくグズグズと動けない時
ぐるぐると同じ思考にはまってしまう時
どうしていますか?


今までは
音楽を聴いたり、やる気の出る名言を思い出して
半ば無理やり自分を奮い立たせていました。


でも、そういうのとはちょっと違う
とても自然に
やる気というのか
活力が湧いてくるものに出会いました。

c0366058_00112622.jpg
香り(3種類)と写真集がセットになった
香り&フォトブック。
作者は岡本彰子さん。
調香セッションをしたり写真も撮られています。


このフォトブックには
3種類の香りの、それぞれのテーマに合った
写真や言葉が添えられています。


香りと写真と言葉(臭覚と視覚)から訴えかけてくるものは
普段の倍以上に感性が刺激されるようでした。


丁寧に場面を切り取っているのだろうなぁと思う
写真を眺めていると
深呼吸でもしたような落ち着いた気持ちが戻ってきます。


そして香り。

香りから広がるイメージって面白いですね。
3種類、どの香りも好みだったので良かったですが
特に「人生の午後」が心に残りました。

すっきりと、ピリッとした香り。
飾らない、自分本来の姿で、やってみたら?
と背中を押されたような。
そんな気持ちにさせてくれる香りでした。

なんだか気持ちを切り替えたいな〜という時

音楽や名言もいいけれど
自分好みの写真と、香りを嗅いで
リフレッシュするのもいいですね。



そういえば、昨日の切り絵コラージュは
この香りを嗅いでやる気になってから制作しました。


岡本彰子さんのブログ。フォトブックに興味のある方はこちら。





by yukai_dp | 2017-02-18 00:17 | お気に入り | Comments(0)

今夜は満月。そろそろ空から遣いが来て空に帰らなくては・・・

なりません(しくしく)
c0366058_23220633.jpg

空が昼間のように明るくなって
天人が雲に乗って降りて来ました。


それではみなさん、さようなら。

c0366058_23311810.jpg
人間の悲しみや喜びを忘れた天人になってしまったかぐや姫。


・・・


いきなりクライマックスから始まった「かぐや姫」

この絵を描いたのは私の大好きな画家、秋野不矩です。
素敵でしょう?

どうです!このゆるさ。

たまりません。

特にこの天人達のゆるふわ感。

c0366058_23342623.jpg
手にはお花を持っています。



今夜は満月。
たまたま図書館で借りた本の中に
かぐや姫がありました。
c0366058_23380326.jpg
息子セレクト。
この本を借りたい!と言って持って来たとき

母「ふむ、よろしい!」
と思わず心の中でつぶやきましたよ。

我が子も秋野不矩ファンなのかな♡

他にもいろんな絵本の絵を描いているんですよ。

一寸法師、浦島太郎など。

絵が素敵です。
ゆるふわです。

c0366058_23395115.jpg

良いです。

満月の夜にいかがですか。






by yukai_dp | 2017-02-11 23:43 | お気に入り | Comments(0)

どの場面が好き?パイレーツオブカリビアン呪われた海賊たち

久しぶりに映画を観て満足な今宵。
PCの調子が悪くてこんな時間になってしまいました。

それにしましても、面白いですねーパイレーツたち。
海賊たちが憎めないキャラなのがいいのですよ!

私の注目俳優はやっぱりジェフリー・ラッシュ。

オーランドブルームも
ジョニーデップもいいんだけど
やっぱり好きなのはジェフリー・ラッシュ。
この人が出る映画は間違いないと思う!


特に好きなシーン。

バルボッサがアステカの金貨の呪いの話をするところ。


呪われた金貨を略奪し、湯水のように使い果たすバルボッサ。

食べ物、酒、女・・・

いくら金を使っても満たされることはなかった。

酒を呑んでも酔えず
何を食べても味はせず
どれだけ美しい女を抱いても心は癒されない

死ぬに死ねない不死身の体。

それは全て呪いのせいだった。

欲にかられ、欲に滅ぼされたのだ。



ジェフリー・ラッシュ演じるバルボッサを画像検索すると
どう考えても小汚いおじさんなんですよ。

でも、あの迫真の演技を見てるともう釘付け。

ジョニーデップ演じるジャックスパロウが
目の前でリンゴをかじるときの
バルボッサの動揺ぶりといったらもう。

あぁいう細かい演技が憎いわぁ。


いや、もっと特筆すべきシーンはあるのだけど
今回この映画を観たのは
このシーンと
バルボッサの最後のセリフを確認したかったから。


やっと呪いが解けたとき、
バルボッサの体はすでに銃で打たれていた。

その瞬間、目を見開き


やっと感じる
寒い・・


と言って死んでしまうのです。

やっと感じることのできたバルボッサの言葉を
もう一度聞きたかったのでした。



痛みがあっても感じる方が
幸せなのか、そうではないのか・・・
感じる方に一票入れたくて
バルボッサを見たかった

というわけでした。

まぁどうでもいいかぁ。


そんな夜、でした。





by yukai_dp | 2017-01-09 01:53 | お気に入り | Comments(0)

ベニシアさんが好き

c0366058_00061500.jpg
私、ベニシア・スタンリー・スミスさんが好きなのです。

ベニシアさんよは京都大原に暮らすイギリス人女性で
英会話教室の校長であり、ハーブ研究家でもあります。

NHKEテレで「猫のしっぽカエルの手」という番組にも出ていました。
というか、ベニシアさんの暮らしそのものが番組だった!

今日久しぶりにこの番組を見ました。
ぬか床を漬けてる場面で
「子どもを寝かしつけてるみたい」って言ってて。

全てに愛情を持って接しているベニシアさんを見て
しみじみとこんな女性になりたいと思いました。

他にも、ベニシアさんの庭はたくさんのハーブが植えられ
とっても素敵なのだけど
四季ごとに咲く植物たちを
人の人生に例えて、それぞれの季節にも良さがあることを教えてくれたり。。。

一言で言って・・・

深いんです。

(ジーンジーンジーン)←いろいろ思い出して感動してる音

好きです〜〜!と言っておいてなんですが
好きの波が低い頃にベニシアさんの映画が公開されていたらしく
終わってから知りましたけれど。

いいんです!

「猫のしっぽカエルの手」をたくさん録画してあるので
時々見ては庭の美しさ、丁寧な暮らしぶりに
自分の暮らしを振り返ったりしてるのです。

今までもベニシアさんがバジルぺーストを作っていれば
私もせっせとバジルを育て、収穫し
嬉々としてバジルペーストを作ったものです。

最近、いろいろサボってるので
自分の暮らしぶりも、もう一度見直したいなぁ。

私、将来ベニシアさんになりたいなぁ。

子どもが大きくなったらウルトラマンになりたいと言うのと
大差ない感じですけど(笑)



by yukai_dp | 2016-09-08 00:08 | お気に入り | Comments(0)

「かもめ食堂」は 夢を叶えたい人が見るべき映画だと思う

大人気の映画ですが、この映画は
単に北欧ブームに乗っかっただけのオシャレ映画とはわけが違う。
夢を叶えたい人が見るべき映画だと思います。


それは、かもめ食堂店主さちえさんが
明確なビジョンと、ブレない判断基準を持っているから。
それがすごく参考になるんです。


遠い異国で一人、食堂をオープンさせたけど
お客さんは一人も来ない。
当然といえば当然の状況だけど。
それでも焦った様子もなく毎日お客さんを待つ日々。

日本人観光客のみどりさんと出会って
みどりさんにもっと集客に力を入れるべき
と言われるんだけど、それは違うと拒むんです。

このお店の「こうなって欲しい」がしっかり頭の中にあって
変に集客しちゃうと、理想から遠のく、と。
このお店の匂いと違う、と言うんです。



私だったら。。。と考えること自体おかしいかもしれないけど
私だったら、理解していても
お客さんが来ない日々は不安だろうなぁと思う。
「こうなって欲しい」がちゃんとあっても
「でも、売上がないと困る」とかなんとか考えて
日本食レストランとしてガイドブックに載せてもらうかもしれない。



主人公のさちえさんは、理想とする形になるまで待つんです。
他人にとやかく言われても1ミリもブレない。

結局、最後にはお店は理想通りのお客さんで満席になるのですけどね。

これは映画だからそういうハッピーエンドとは思わないほうが面白いです。

さちえさんは単なるお気楽ポジティブ店主ではないですよね。
こうなりたい、ありたい姿がはっきり見えていて
そうなると信じている。

きっと、さちえさんは食堂をオープンさせるために
日本で相当なお金を工面してきたと思うし
どれくらいの期間、赤字でもやっていけるか計算し尽くしただろうし
考えられる準備はすべてやった状態なんじゃないかなぁって思うんですね。

やれるだけのことをやって、あとは待つ。
それでダメなら「やめちゃいます」ってきっぱり言ってしまう。
やり尽くした人にしか言えない言葉ですよね。


この映画を見ていると、
そういう夢や目標に対する自分の姿勢を振り返りたくなります。

なんとなく、やりたい事とか収入を得る事とか
ごっちゃになって考えてしまう私なんですけどね。

どうありたいか。
理想とする姿は?
ビジョンは?

はっきり理解できる事が大事だなって思うんです。
そこがはっきりしてたら悩まないだろうし突き進めそう。


主人公のさちえさんは、ブレないビジョンを持っててすごいのだけど、
食堂を手伝うことになった、みどりさんもすごいんです。

かもめ食堂にお客さんが来て欲しいから
反対されても、自分でアイデアをひねって
試してみましょう!とチャレンジするんです。
その情熱ってすごいです。
きっと思い立ったらやらずにはいられない性格なんだろうなぁと思うし
その行動をきっかけに、(私はそう捉えている)
お客さんが来るようになったんです。


どうせダメとかじゃなくて
現状を変えたくて動いてみたんですよね。
これは私たちも見習うべきポイントですよね。


夢を実現させる姿勢も見ていて気持ちいいし
食堂で使われている食器やキッチンツールやインテリアなどなど
やっぱり見えてて飽きないし素敵だし
(家事のやる気も上がるし)
これからも何度も見てしまうことでしょう。




かもめ食堂のサイト
↓↓↓↓


by yukai_dp | 2016-06-28 00:59 | お気に入り | Comments(0)

いぬのさんぽ♪スヌードGet! 今年の夏のコーディネートはこーでねーと。

こんばんは。
おじさんみたいなおばさんのyukaiです。

(こんな始まり方してみたかったの)

今日は私のこの夏のコーディネートをご紹介です。
早速、じゃん!
c0366058_23572652.jpg
この夏はこのワンパターンで乗り切ります!

今日買ったスヌードでコーディネート!!!
(こーでねーと、な!)

夏らしいターコイズブルーがステキでしょ?

ブレスレットと、こないだ買ったエスニックなバッグの水色と
リンクさせましたよ。

夏の日差し&冷房対策に
夏用のストールじゃなくスヌードを買ってきたのです。
きゃっほ〜い!
(珍しくハイテンション)


このスヌードを作っているのは「いぬのさんぽ♪」さんです!
かさこ塾で知り合った方なのです。

静岡県東部にある、自宅ショップのオーナーさんですが
たまたま静岡市にいらっしゃるということで
行商人のごとく!?スヌードをたくさん持ってきてくれました^^

実は先週からFBでスヌードの写真を見て「マジ欲しい!」と思っていたので
願っても無いチャンスだったのですよ。

たくさん試着して
おしゃべりして
また試着して
楽しい時間を過ごしましたよ〜〜!


いぬのさんぽ♪さんは
今年の春から「ぬくもり写真家」としての活動もスタートされて
多彩な才能を発揮されているのです。

写真もいいんだなぁ〜
そうそう!このブログのプロフィール写真を撮った方です。
素敵でしょ?(笑)


というわけで。
スヌード欲しい〜という方、または
自分が好きになれる写真を求めている方に是非オススメですよ!


長泉町”さんぽ♪ショップ”オーナー
「ハンドクラフト*ぬくもり写真家」いぬのさんぽ♪日々ブログ


最後に着画をば。
(うまく撮れないね)
c0366058_00265263.jpg
このスヌードはリネン100%のシングルオーガニックで
軽くてハリがあって形が立体的にまとまるのですよ〜。




by yukai_dp | 2016-06-06 00:35 | お気に入り | Comments(2)

一枚一枚個性的 点字折紙

c0366058_00432676.jpg
点字折紙をご存知ですか?

つい先日、買い物に出かけた先でたまたま見つけまして
即買いして帰ってきました。(紙マニア〜)

c0366058_00433219.jpg
c0366058_00433474.jpg

点字本はリサイクルするにはコストがかかりすぎるらしく
今まで処分されてきたそうです。

使われているのは厚手の上質紙ですが
折紙として再利用することになったそうです。
(と云うことが書かれてありました)

・・・

点字本に触れる機会はほとんどなかったので
どんなものか、一度じっくり見てみたいと思っていました。

折紙なので、ここはやっぱり鶴ですよね。
c0366058_00433801.jpg
厚手の紙なので折る時ちょっと力が入りますが
ピシっと仕上がってキレイ。

点字紙で折られた鶴。
それだけで何か深い意味を持っているように見えますね。


「遊び方は自由です」
と説明書きにあったので、思い切って色を塗ってみます。
不謹慎かな?とか思いつつ。。。
c0366058_00434138.jpg
点が浮き上がって・・・わぁ。かわいい。

まさに暗号。
私には何が書いてあるのか、全くわかりません。
この紙が表なのか裏なのかも。
点字を指でなぞってみても、違いなんてわからないし。

すごいな、ってただ思うしかない私ですが
この点字が解読できないことが少し寂しかったりもしました。
「何が書いてあるんだろう」って。
それが自分には不要な事であっても
「出来ない」「読めない」という事は寂しいものなのですね。。。


点字折紙で色々作ってみたいと思います。





by yukai_dp | 2016-03-10 01:09 | お気に入り | Comments(0)

外見は普通のお婆ちゃん 自分の追求する絵に命を燃やした日本画家 秋野不矩

日本画家について特に詳しい知識はない私ですが

とても憧れる日本画家がいます。


この方の描く世界・雰囲気がとても好きです。



私が何度も図書館で借りている画集

【秋野不矩 創作の小径】よりご紹介。

c0366058_00054131.jpg


もう買えよ、ってほど借りて見てます。


秋野不矩(あきの ふく)

現、静岡県天竜区生まれ。

c0366058_00061728.jpg

小さなお婆ちゃんですが

歳を重ねるごとに

どんどんシンプルに、そして力強い作品を残している画家さんです。



日本画らしい花鳥風月をモチーフにした作品。

c0366058_00054160.jpg

「舞妓」60代前半

c0366058_00054152.jpg

「紅白梅」60代前半

c0366058_00054178.jpg

「みずき」79歳


あぁ本当に何度見ても見飽きません。


いい具合に脱力してる所とピリっと精密な部分があって

その力加減が絶妙なのです。




日本でずっと日本画家として活動されてきたそうですが

54歳の時、客員教授として一年間インドへ渡ります。


ここでの感動が猛烈なエネルギーとなって

晩年の力強い作品に反映されていくのです。

のびのびと描かれているのが画集から伝わってきます。



インドをモチーフにした作品。

c0366058_00054391.jpg

「紅衣」50~60代前半

c0366058_00054311.jpg

「供華・カーリー女神」79歳


c0366058_00054123.jpg

「村落」85歳

c0366058_00054158.jpg

「オリッサの寺院」89歳

c0366058_00054291.jpg

「渡河」93歳

c0366058_00054193.jpg

「インド民家の壁」93歳



晩年の作品がすごくいいです。


特に90歳代で描かれた作品に強く惹かれます。


インドというモチーフを得て

日本画という技法を使って

芸術を爆発させたのだと思います。



「オリッサの寺院」なんて

全長7メートルもある作品なのですよ!

なんとパワフル。


普通のお婆ちゃんでも

90歳まで生きてるだけでスゴイのに。


内なる創造の炎は消えるどころか燃えさかっていたのだと思います。



好きな作品は沢山あるのだけど

特に「インド民家の壁」が好きです。


93歳の時の作品は素晴らしい作品ばかりです。


秋野不矩は93歳で他界しています。

アトリエにて。



命を全うするという事は

まさにこういう事なのでしょう。



歳を取ることは

体が弱り老いぼれていくだけの

寂しい事、と思ってしまう私ですが

自分の追求する絵に命を燃やして生きる

秋野不矩の画集を見ていると

何か生きる意欲みたいなものが湧いてくるのでした。


私の憧れの画家さんです。




浜松市天竜区にあります→ 秋野不矩美術館 浜松市役所の案内ページ

まだ行ってないのだけど、この夏こそ行きたいです。



【秋野不矩 創作の小径】→ Amazon




by yukai_dp | 2015-08-05 00:37 | お気に入り | Comments(0)


男の子2人の育児の合間に作品制作 【手製本・切り絵コラージュ・イラスト】そのほか、暮らしを愉しみたい私の試行錯誤のキロク


by yukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

手製本

手づくり
住まい&暮らし
ガーデニング
食について
子育てのこと
お気に入り
思うこと
お出かけ
お知らせ

タグ

(118)
(102)
(80)
(68)
(58)
(50)
(46)
(40)
(34)
(21)
(11)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(5)
(5)

最新の記事

遊木の森を満喫する休日
at 2017-11-24 01:19
子どもが主人公の手作り絵本は..
at 2017-11-21 23:26
さよならのかわりに。送別会の..
at 2017-11-19 23:53
湯船に浸かってるみたいだ!小..
at 2017-11-18 16:34
秋の里山は色で溢れていた 里..
at 2017-11-17 00:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

最新のコメント

> ゆみさん 私の妄想..
by yukai_dp at 12:49
おはようございます。 ..
by ゆみ at 07:48
> hontokamiさ..
by yukai_dp at 00:43
がんばれ~~!小さいから..
by hontokami at 22:16
> acchi9tさん ..
by yukai_dp at 00:58

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
ハンドメイド

画像一覧